読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

つれづれ、北野坂探偵舎 物語に祝福された怪物 (角川文庫)

つれづれ、北野坂探偵舎 物語に祝福された怪物 (角川文庫)

つれづれ、北野坂探偵舎 物語に祝福された怪物 (角川文庫)

作家
河野裕
秀良子
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-11-22
ISBN
9784041021644
amazonで購入する Kindle版を購入する

つれづれ、北野坂探偵舎 物語に祝福された怪物 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぽぽ♪

ついに完結ですね。独特の世界観で読みにくいけど引き込まれる感じでしたが、今回が一番一気読みでした。現実とあっちの世界、二つの世界で進みましたが、色々なピースがはまってホッとしました。ハッピーエンドで良かったです。

2019/01/08

ち~

シリーズ完結。雨坂続が再び眠りについて2年が経った。二人の小説家は、自らが求める究極の小説家を目指し、ついにそれが何かを知る。雨坂続は最高の小説を書き上げる事ができるのか?そして再び戻ってこれるのか?“紫色の指先”の正体と作り出す世界とは?雨坂聡一郎はどう絡んでいるのか?このシリーズを読み始めた時は、ここまで深い話に発展するとは思わなかった。結局、謎のまま終わったものもあったけど、まぁ…それもいいかな。『なんて気持ち悪いのだろう。なんて病的なんだろう。なんて純粋なんだろう。』佐々波の思いが印象に残った。

2019/06/13

らび

完結しましたね。前作から結構な時間がたってしまい入り込むのに戸惑いもありましたが、「ああ、これだったな・・」結局なんの話だったろう?しっかりした観念があってでもとても危うくて「天才vs人間」なのか?そこに死と幽霊が関与する。もしかすると雨坂続とノゾミの確かで不確かな対立と融和かもしれない?途中までは総一郎への思慕かと思っていましたがそれは無かった。僕と私の使い分けですごく納得した私がいました。これからも徒然珈琲で変わらぬ2人が「編集者」「ストーリーテラー」であり続けるのでしょうね。

2019/01/12

陸抗

最終巻。作家と編集者の話であり、家族のあり方であり、人としての生き方だったり。読み手によって、受け取りかたは様々だろうけど、この本は特に読者に委ねられてる部分が大きく感じた。

2018/12/11

ふじさん

傑作。前巻から実に三年もの間を空けて刊行されたシリーズ最終巻。作中に於いても二年の時が経過しており、読者の自分も少しずつ手触りを確かめるように読んだ。改めてこの著者にとって物語は、答えのない観念的な議論に対し思索を深める為の手段なのだと実感。書く事/書かれる事、読む事/読まれる事、編集する事/される事。小説について、つまりは生き方について自分を理解する事について、冒頭から最終頁まで常に考え続ける読書は初の体験だった。一作目から懸け離れた内容のようで、根底の部分は当初から頑固なくらい一貫したシリーズだった。

2021/11/05

感想・レビューをもっと見る