読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

オリジン 中 (角川文庫)

オリジン 中 (角川文庫)

オリジン 中 (角川文庫)

作家
ダン・ブラウン
越前敏弥
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-03-23
ISBN
9784041055991
amazonで購入する Kindle版を購入する

オリジン 中 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

SJW

ラングドンの教え子カーシュが殺害されたものの、彼による人類最大の発見のプレゼンテーションが残っている。ラングドンはそれを見るためのパスワードをスペインの王子の婚約者アンブラと共に逃げながら探すサスペンスストーリー。舞台はビルバオ・グッゲンハイム美術館、スペイン王宮、サグラダ・ファミリアでスペイン通の人には嬉しい設定。「我々はどこからきたのか」、「我々はどこへ行くのか」の問いに対する答が下巻で見つけられるのかとても楽しみ!

2019/09/26

本読みたぬき

ガウディの傑作を文章で鑑賞しながら、手に汗を握るノンストップアクションミステリーは佳境に…!私は文系エセ仏教徒の日本人なので、宗教と科学の矛盾なんてどうでもいいんだけど、とにかく面白いのである。結末はいかに。結末でぽしゃったらいかんぜよ!

2019/05/16

のんき

わたしたち人間は、どこから来たのか?神が創造したのか、サルから進化したのか、地球以外の他の星からきたのか、謎です。殺されたカーシュは知っていたのでしょう。わたしも知りたいな。続きを読めばわかるのかなあ。カーシュが言ってたように、学校や教会で根も葉もないことを子どもたちが教わるのを見逃すのはよくないと。迷信に染まった考えを一掃しないと、と。オウム真理教みたいな宗教は、ほんとにこわいなって思いました。人を殺し合う宗教戦争も恐ろしいな!

2019/07/06

future4227

いつものことなんだけど、ラングドン教授は今回も美女を伴ってスペイン中を逃げまくる。逃げながらも徐々に謎の解明を進めていくという離れ業。スペインが舞台とあって、ガウディやサグラダ・ファミリアにまつわるウンチクが随所に盛り込まれている所が嬉しい。スター・ウォーズのトルーパーのヘルメットがまさかガウディの造った煙突が原型だったとは!そして、ガウディの世界遺産の建物がなんと賃貸物件!調べたら家賃14万!住みたい!あと、iPhoneのセキュリティの解除方法がしれっと紹介されているが、これは本当のことなのか?

2019/07/03

Takanori Murai

大きな進展がないままここにいたる。登場人物の立場が微妙にゆれる。私が首謀者と予想する人物は、まだなりをひそめている。たのむよ、下巻で驚愕の急展開を。

2020/05/15

感想・レビューをもっと見る