読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

スケルトン・キー

スケルトン・キー

スケルトン・キー

作家
道尾秀介
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-07-27
ISBN
9784041069172
amazonで購入する

「スケルトン・キー」のおすすめレビュー

遺伝的なサイコパスとして生まれた男は、どう生きればいいのか?

『スケルトン・キー』(道尾秀介/KADOKAWA)

 サイコパス――。それは、生まれつき他人への共感能力や、恐怖を感じる度合いが低い人たちのことだ。メディアで取り上げられたり、ミステリ小説で殺人犯として登場することも少なくないから、“常人には理解できない存在”としてサイコパスを知っている人は多いだろう。本稿で紹介する『スケルトン・キー』(道尾秀介/KADOKAWA)は、私たちとは異なる感覚を持つサイコパスの内面を、なんと一人称小説の主人公として描く挑戦作である。

 物語は、スリリングなバイクアクションから幕を開ける。主人公の坂木錠也(さかき じょうや)はサイコパスで、“怖い”という感情を体感したことがない人間だ。彼は、自らの狂気を抑えるために、週刊誌のスクープ獲得の手伝いをしている。バイクによる追跡などで刺激を受けると、常人より低い心拍数を高めることができ、自らの狂気を抑えられるのだ。

 ある日、同じ児童養護施設で行動をともにしていた「うどん」こと迫間順平(はざま じゅんぺい)から連絡があり、そこで衝撃的な事実を告白される。かつて錠也の母親を惨殺した…

2018/8/29

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「スケルトン・キー」の関連記事

直木賞作家・道尾秀介、衝撃のアーティスト・デビュー! 「サイコパス」として生まれた男の物語を原案にしたロックナンバー

 直木賞作家の道尾秀介氏が、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントよりアーティスト・デビューされることが発表された。

 2020年2月7日(金)に配信開始したデビュー曲『HIDE AND SECRET』は、2018年7月に刊行された小説『スケルトン・キー』(KADOKAWA)を原案に、歌詞とメロディで独特の世界を構築したロックナンバー。作詞、作曲も道尾氏本人が手掛けており、歌詞や音の中にも数々の謎が仕込まれているという。

左)デビュー曲『HIDE AND SECRET』ジャケット画像 右)小説『スケルトン・キー』表紙画像

 さらに、道尾氏の単独インタビューが、Webサイトカドブンで配信予定だという。

道尾氏:「今回の曲『HIDE AND SECRET』は、『スケルトン・キー』と世界観がお互いリンクしています。今までに作った曲ではやったことがなかったので、一度、試してみたかったんです。つくりたい世界観が決まっているので、メロディも歌詞もすごく書きやすい。書けば書くほど面白くなってきて」

――『スケルトン・キー』とリンクしているといわれると、小説と…

2020/2/15

全文を読む

関連記事をもっと見る

スケルトン・キー / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

道尾 秀介は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。ノンストップサイコキラーサスペンス、一気読みしました。サイコパス3兄弟です。錠也のような存在が文春のスクープを支えているのかも知れません。トランプ大統領はサイコパスだと思いますが、世界のトップで良いのでしょうか(笑)

2018/08/30

ウッディ

施設で育った錠也はスクープ写真を撮るバイトをして暮らしている。危険な場面でも心拍数が上がらず、大切にする何かを奪われた時、冷徹な残忍性を発揮する彼は、姉のような存在のひかりから「サイコパス」と言われる。施設の友達“うどん”から、母の死の真相を聞き、彼がとった行動は?途中からの違和感が多重人格ではなく、実在するもう一人の自分であるという道尾さんらしい大仕掛けに驚くが、少し強引な気も・・。人の性格が遺伝によるか、環境によるか、双子を例にしての説明が伏線になっていたんですね。終盤の暴力シーンは受け付けなかった。

2019/02/06

サム・ミイラ

道尾秀介氏もこういうのを書くのかと思いました。ひとりの少年の大暴走。テーマはずばりサイコパス。もちろん大きな仕掛けはあるけれど、でもこの仕掛けはこの作者のものではないようで少し違和感を感じた作品。ストレートで単純な印象なのです。伊坂幸太郎の殺し屋シリーズを浅く薄くしたような感じと言えばいいのか。明らかに続編を意識しているようです。たぶん続編出るね(笑)

2018/09/27

bunmei

道尾氏のサイコパス・サスペンス。彼の作品は、ゾクゾクする違和感や魑魅魍魎的なダークな世界観が広がる中で、いつも最後はちゃんと回収し、心に残るものを感じます。ただ、今回はサイコパスをテーマにした分、後半ではかなり直接的な暴力描写が迫ってきます。錠也の両親の事件や出生の秘密が明らかになる中です、読み友さんが教えてくれた、P164の言葉を境に、前半の出来事はまんまと作者に騙されたことに気付かされます。そこが道尾作品の巧さなのだと思います。最後に、表紙の絵の意味する所も納得します。

2018/10/08

紅はこべ

細かい仕掛けがされている。メインはミステリではタブーのトリックだが、本格ではないからいいか。参考文献に中野信子さんの著作などあって、だいぶ勉強されたとは思うが、道尾さんご本人はサイコパスではないと思うので、やはり想像の域は出ないというか…愛情深い両親の元で、裕福な環境で、最高級の教育を受けた方が、発散できなくて、歪みがひどいというのが、そういうものかと。

2018/12/22

感想・レビューをもっと見る