読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

道尾秀介

道尾秀介 写真:干川 修
職業・肩書き
作家
ふりがな
みちお・しゅうすけ

プロフィール

最終更新 : 2018-09-20

1975年生まれ。東京都出身。2004年『背の眼』でホラーサスペンス大賞特別賞を受賞してデビュー。07年『シャドウ』で本格ミステリ大賞、09年『カラスの親指』で日本推理作家協会賞、10年『龍神の雨』で大藪春彦賞、『光媒の花』で山本周五郎章、11年『月と蟹』で直木賞をそれぞれ受賞。他の著作に『笑うハーレキン』『透明カメレオン』『満月の泥枕』『風神の手』など。

受賞歴

最終更新 : 2018-09-20

2004年
『背の眼』第5回ホラーサスペンス大賞 特別賞
2007年
『シャドウ』第7回本格ミステリ大賞 小説部門
2009年
『カラスの親指』第62回日本推理作家協会賞 長編・連作短編集部門
2010年
『龍神の雨』第12回大藪春彦賞
2010年
『光媒の花』第23回山本周五郎賞
2011年
『月と蟹』第144回直木賞

「道尾秀介」のおすすめ記事・レビュー

舞台は遺影専門の写真館「鏡影館」がある街。道尾秀介にしか描けない世界観の壮大な長編ミステリー『風神の手』発売を記念したTwitterキャンペーンも

舞台は遺影専門の写真館「鏡影館」がある街。道尾秀介にしか描けない世界観の壮大な長編ミステリー『風神の手』発売を記念したTwitterキャンペーンも

『風神の手』(道尾秀介/朝日新聞出版)

 道尾秀介氏の最新刊『風神の手』(朝日新聞出版)が2018年1月4日に発売された。

 彼/彼女らの人生は重なり、つながる。隠された“因果律(めぐりあわせ)”の鍵を握るのは、一体誰なのか――。遺影専門の写真館「鏡影館」がある街を舞台にした、朝日新聞連載の「口笛鳥」を含む長編小説。読み進めるごとに出来事の〈意味〉が反転しながらつながっていき、数十年の歳月が流れていく──。

 発売前にゲラを読んだ人から、「はやくも2018年の最高傑作が現れた」「これは道尾秀介さんの新たな代表作になるはずだ」との声が上がった同作。道尾氏にしか描けない世界観の壮大な長編ミステリー作品となっている。

 また、発売を記念したTwitterキャンペーンが2018年3月31日まで実施中。物語の鍵を握る重要なアイテムとして「写真」が登場することにちなんだ内容となっているので、詳しくは公式サイトをチェックしてみよう。

【詳しくはこちら】https://publications.asahi.com/news/815.shtml

全文を読む

“喪失”を通して“光”の眩しさを教えてくれる道尾秀介の連作小説『鏡の花』

“喪失”を通して“光”の眩しさを教えてくれる道尾秀介の連作小説『鏡の花』

『鏡の花』(道尾秀介/集英社)

 失ってから初めて、その大切さに気づく。よく使われる言い回しだが、これは裏を返せば、自分では気がついていないだけで、何の変哲もないような毎日でも、実はかけがえのない大切なものと生きているのかもしれないということだ。

 道尾秀介の『鏡の花』は6つの世界を描く不思議な連作小説だ。第一章「やさしい風の道」では、小学2年生の章也が“あること”を確かめるため、姉と一緒に自分が生まれる前に家族が住んでいた家を訪ねていく。その家には妻に先立たれた瀬下という男が一人暮らしをしていた。瀬下に声をかけて家に入れてもらった章也は、そこに隠された自分の出生にまつわる“秘密”を明かそうとするのだが……。

 続く第二章「つめたい夏の針」は、翔子という女子高校生を視点人物とする一編。翔子はふとしたことがきっかけとなり、同じ高校に通う同級生・真奈美の弟で中学2年生の直弥と2人きりで会う仲になっていた。真奈美に直弥との関係を言いそびれたままになっていること、そして7年前に事故で死んだ弟の姿を直弥に重ねていることに微かな罪悪感を覚えている翔子。その胸の奥…

全文を読む

読者に力強いエールを贈る、すべてを失った家具職人の再生の物語

読者に力強いエールを贈る、すべてを失った家具職人の再生の物語

『笑うハーレキン』(道尾秀介/中央公論新社)

一人息子を事故で亡くし、妻には去られ、経営する会社は不況の波に飲まれて倒産。40歳の東口太一は、今ではトラックの荷台で起きしながら、家具の修理を請け負うことでなんとか暮らしているホームレスだ。息子を映したホームビデオを見返して辛い思いが身を苛む夜もあるけれど、スクラップ置き場に集うホームレス仲間と、とりあえずは平穏な日々を送っている。そんな東口のもとに、ある日、西木奈々恵と名乗る若い女性がやってきた。弟子にしてほしい、という。ところがそれ以降、東口の周囲で不穏な出来事が続き……。

道尾秀介の『笑うハーレキン』(中央公論新社)は、コミカルな場面で始まり、和気藹々としたホームレス仲間たちとの交流が綴られ、物語は明るいテイストで進む。そんな中にある一点の不気味な染みが、東口にしか見えない《疫病神》だ。《疫病神》は、あるときは遠回しに、あるときは直接、東口の痛い部分を突く。はじめは勝手なことを喋っているように思えるし、その姿もさまざまに変化するが、読者は次第に、《疫病神》は東口が押えつけていたもうひとりの自分で…

全文を読む

初めて「読者のため」に書いた これぞ道尾秀介流エンタメ小説の極致

初めて「読者のため」に書いた これぞ道尾秀介流エンタメ小説の極致

 道尾秀介は2015年に作家デビュー10周年を迎える。それを記念して刊行される作品が、長編『透明カメレオン』だ。実はこの小説、道尾が初めて「読者のため」に書いた作品だという。 「これまではすべて自分のために書いてきたんですけど、10周年記念ということで読者や書店さんにお礼をしたいと。小説の面白さ、感動やハラハラドキドキの要素をすべて詰め込んで、なおかつ物語として美しくまとまったものを目指しました」

道尾秀介 みちお・しゅうすけ●1975年生まれ。東京都出身。2004年『背の眼』で第5回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞しデビュー。以降、『シャドウ』で第7回本格ミステリ大賞、『カラスの親指』で第62回日本推理作家協会賞、『龍神の雨』で第12回大藪春彦賞、『光媒の花』で第23回山本周五郎賞、『月と蟹』で第144回直木賞と受賞多数。近作に『貘の檻』。  

 構想を練り始めたのは12年2月のことだった。新聞連載という媒体は決まっていたがそれ以外は白紙、今回はエンターテインメントに徹するという大目標だけがあった。 「内容について最初に決まったのは全体のカラーです…

全文を読む

青春、冒険、恋…ノスタルジックに夏に浸る文庫小説

青春、冒険、恋…ノスタルジックに夏に浸る文庫小説

『ゴールデンボーイ 恐怖の四季 春夏編』(スティーヴン・キング:著、浅倉久志:訳/新潮社)

夏真っ盛り。高校野球は盛り上がり、花火大会で街は浴衣姿であふれかえる。心霊特集がテレビをにぎわせ、ひやりとすることもあるかもしれない。青春、冒険、思い出――夏はただ暑いだけじゃなく、日常とはちがう何かを期待させる。そして夏を通して出会ったもの、あるいは失ったものは人を成長させてくれるはずだ。感動も涙も、きっと“いまのあなたに必要”なもの。『ダ・ヴィンチ』9月号ではそんな夏にぴったりの文庫を特集。何かを得るには、何かを失わなくてはいけないんだな……、なんて、ノスタルジックに思わせてくれる文庫小説6冊をここでは紹介する。

■『ゴールデンボーイ 恐怖の四季 春夏編』 スティーヴン・キング 浅倉久志/訳 新潮文庫 840円(税別) トッドは13歳。夏休みにドゥサンダーという老人の住む家を訪ねる。老人の秘めた過去を確かめるためにだ。最初こそ抵抗していたドゥサンダーだったが、トッドを自宅に招き入れる。ここからふたりの不可思議な関係が始まり、やがて奇怪でおぞましい間柄となっ…

全文を読む

第3回 twitter怪談短歌コンテスト 受賞作発表!

第3回 twitter怪談短歌コンテスト 受賞作発表!

 第3回twitter短歌コンテストの受賞作がこのたび決定! 2月22日(土)に紀伊國屋書店新宿本店にて、選考委員の東直子さん、道尾秀介さん、川野里子さんそれぞれより、各大賞作品と佳作、次点が発表されました。講評の詳細は、『Mei(冥)』4号に掲載予定。お楽しみに!

※募集期間:2013年12月1日~12月25日 ご応募ありがとうございました。

東直子さん (写真=小松勇二)

道尾秀介さん (写真=首藤幹夫)

川野里子さん

大賞 各1作

東直子賞・大賞

悲しいよ痛い辛いよパパごめん殴るの止めてあたし死んでる 間氷期さん

選評 「短歌」は、生きている人の揺れ動く心を言葉で表現するものですが、「怪談短歌」は、この世ならざる者の声を形にすることではないかと、この歌を読んで思いました。選歌している間にも、このような状況に陥っている子のことが報道されました。この一首は、彼らが書かせた短歌なのではないでしょうか。結句の「あたし死んでる」が胸に突き刺さります。肉体は消えてなくなっても、心の痛みは永遠にこの世をさまよい続けるのでしょう。

道尾秀介賞・大賞

ハンカチが等間…

全文を読む

第3回 twitter怪談短歌コンテスト開催!

第3回 twitter怪談短歌コンテスト開催!

 女のコのためのコワ〜い文芸誌『Mei(冥)』とのコラボレーションで始まったtwitter怪談短歌コンテストの第3回開催が決定しました!  今回の選考委員は東直子さん、道尾秀介さん、川野里子さんのお三方。それぞれ大賞、佳作2首と次点10首を選定し、2月に開催予定のイベント、本サイト、『Mei(冥)』誌上で発表します。 ※イベントについては決まり次第お知らせいたします。

東直子さん (写真=小松勇二)

道尾秀介さん (写真=首藤幹夫)

川野里子さん

募集要項

募集締め切り 2013年12月1日(日)~12月25日(水) ※お一人様何作でも投稿いただいて構いません

応募方法 twitterで「#怪談短歌」と記入し、怪談短歌とペンネーム(名前)を記入して投稿

メール応募先 kwaidan@mediafactory.co.jp(12月1日~12月25日到着分のみ受付)

お問い合わせ先 kwaidan@mediafactory.co.jp

結果発表イベント 決まり次第発表

※応募作は『Mei(冥)』や公式HPなどに転載させていただくことがございます。 事前にご了承い…

全文を読む

注目の新刊 『笑うハーレキン』 ダ・ヴィンチ2013年2月号

注目の新刊 『笑うハーレキン』 ダ・ヴィンチ2013年2月号

会社も家族もすべて失い、今はトラックの荷台を事務所兼自宅としている東口太一。家具職人の彼は、ホームレスの仲間たちと暮らしている。そこへ若い女性が弟子入り志願してきて……。感動的なラストが秀逸。読売新聞夕刊の連載小説を単行本化。1月10日発売予定。

全文を読む

「道尾秀介」のおすすめ記事をもっと見る

「道尾秀介」のレビュー・書評をもっと見る

「道尾秀介」の本・小説

スケルトン・キー

スケルトン・キー

作家
道尾秀介
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-07-27
ISBN
9784041069172
作品情報を見る
向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)

向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)

作家
道尾秀介
出版社
新潮社
発売日
2008-07-29
ISBN
9784101355511
作品情報を見る
カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)

作家
道尾秀介
出版社
講談社
発売日
2011-07-15
ISBN
9784062769778
作品情報を見る
瞬間探偵 平目木 駿 1 (ジャンプコミックス)

瞬間探偵 平目木 駿 1 (ジャンプコミックス)

作家
神海英雄
道尾秀介
出版社
集英社
発売日
2018-07-04
ISBN
9784088815312
作品情報を見る
透明カメレオン (角川文庫)

透明カメレオン (角川文庫)

作家
道尾秀介
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-01-25
ISBN
9784041063521
作品情報を見る
鬼の跫音 (角川文庫)

鬼の跫音 (角川文庫)

作家
道尾秀介
出版社
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日
2011-11-25
ISBN
9784041000120
作品情報を見る
ノエル: -a story of stories- (新潮文庫)

ノエル: -a story of stories- (新潮文庫)

作家
道尾秀介
出版社
新潮社
発売日
2015-02-28
ISBN
9784101355559
作品情報を見る

「道尾秀介」人気の作品ランキングをもっと見る

「道尾秀介」の関連画像・写真

「道尾秀介」の関連画像・写真をもっと見る