読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

メゾン・ド・ポリス2 退職刑事とエリート警視 (角川文庫)

メゾン・ド・ポリス2 退職刑事とエリート警視 (角川文庫)

メゾン・ド・ポリス2 退職刑事とエリート警視 (角川文庫)

作家
加藤実秋
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-10-24
ISBN
9784041070093
amazonで購入する Kindle版を購入する

「メゾン・ド・ポリス2 退職刑事とエリート警視 (角川文庫)」の関連記事

「イケおじ好きにはたまらない!」高畑充希主演ドラマ「メゾン・ド・ポリス」第1話に反響続出

『メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス』(加藤実秋/KADOKAWA)

 2019年1月11日(金)に、ドラマ「メゾン・ド・ポリス」の第1話が放送された。1つ屋根の下で暮らす個性豊かな元刑事たちは、「面白いオジ様ばかりで最高!」「イケおじ好きにはたまらないドラマ」と話題になっている。

 同ドラマの原作は、加藤実秋の推理小説『メゾン・ド・ポリス』シリーズ。第1話で描かれたのは、公園で焼死体が発見された事件。事件の犯行手口が5年前に起きた「デスダンス事件」と酷似しており、新米刑事の牧野ひより(高畑充希)は当時事件を担当していた元刑事・夏目惣一郎(西島秀俊)に話を聞きに行くことに。

 夏目が住んでいるという高級住宅街にある古びた洋館を尋ねると、ひよりを出迎えたのは5人のおじさん達。元警察庁のキャリア・伊達有嗣(近藤正臣)、元所轄の熱血刑事・迫田保(角野卓造)、元科学捜査のプロ・藤堂雅人(野口五郎)、そして元警務課の高平厚彦(小日向文世)は、「メゾン・ド・ポリス」と呼ばれるこの館でシェアハウスをしていた。

 使用人として彼らと生活している夏目は、捜査に協…

2019/1/16

全文を読む

関連記事をもっと見る

メゾン・ド・ポリス2 退職刑事とエリート警視 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちょろこ

脳内映像はもちろんドラマのおじさまたち、の一冊。魅力はもちろん笑いも前作よりパワーアップしたと思うのは気のせいかしら。どんどん おじさまたちとひよりの距離が縮まり絆が強くなっていくのも読んでいて気持ちが良い。「決める時は一瞬」伊達さんの言葉が良かったな。どんどんおじさまたちと前へ進むひよりの姿は微笑ましく応援したくなる。この先ますます絆深まりどんな事件に立ち向かうのか、楽しみ。そして無敵のおじさまたちに二つだけ怖いものがあったとは…!ここが一番ツボだった。

2019/02/26

ゆみきーにゃ

シリーズ二作目。ひよこちゃんのお父さんの事件が気になり一気読み。ドラマの配役、見事にマッチしてたな〜と感心しながら読み進めた。

2020/01/08

ハゲおやじ

録画したドラマを観る前に1作目に続けて読了。今回は、いきなり藤堂の2番目の奥さんが出て来たり、嫌な上司の間宮が出てきたりとゴタゴタ感や新メンバーか?って感じで進む。「ひよりの父親の件は、次巻につづくかぁ…。」と読んでいたら、割とあっさりと…。そして、ラストも完結っぽい感じで これが見納めなら残念。ほのぼのして御都合主義で私には合っていたのに。ふと 最近の60代って 確かに20代の人よりも元気な気がするなぁ。20代が元気無さ過ぎ(流され過ぎ)ってことかな?(あくまでも私感だからね) 次どうしよう。

2019/01/16

タイ子

シリーズ第2弾。相変わらずシェアハウスの元警察官のおじさまたち、デカ魂が再燃しております。捜査一課の女性新人刑事ひよりを情報係に昔取った杵柄で事件を解決に導くというとんでもない話なんだけど、無駄に年を重ねていないおじさまたちが主役だけに人間ドラマがそこかしこに感じられて面白い。前作、ひよりの父親失踪事件が未解決だったが、今回その辺りもおじさまたちがフットワークも軽く謎を解いていきます。そんな人たちが居たら、現役の警察いらないだろっ!と野暮なツッコミはなしでひとつ。ドラマのキャストを変換しながら楽しく読了。

2018/11/24

papako

シリーズ続けて。捜査一課の間宮に目をつけられたひより。悩むけれど、メゾンのおじさんたちを信じて、父親のメールの真相解明に乗り出す。突っ込みどころはいろいろあるけど、さくっと楽しめました。ひより父の『ごめん』いいですねー。さてさて事件は解決。氷山はくずせるか?

2020/03/09

感想・レビューをもっと見る