読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

GODZILLA 星を喰う者 (角川文庫)

GODZILLA 星を喰う者 (角川文庫)

GODZILLA 星を喰う者 (角川文庫)

作家
大倉崇裕
虚淵 玄(ニトロプラス)
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-12-22
ISBN
9784041074039
amazonで購入する Kindle版を購入する

GODZILLA 星を喰う者 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Bugsy Malone

ゴジラを倒す。目的は同じなれど、種族間の思想の違いが顕在化し、それぞれの思惑が絡まり合う。破壊神ゴジラの存在とは。そして遂に前作ラスト1ページで名を明かされたあいつが。アニメ第3作目は未鑑賞だけれど、小説としては前作同様やはり面白く読めてしまうのです。故に少々物足りなくもあり、それはひとえに、期待を持たせたもうひとつの守護怪獣の活躍がほぼ無かった事。ノベライズの感想とは別な所ですが残念でした。

2018/12/29

マッちゃま

なるほどなぁ〜と読了。アニメ映画版という事でストーリー的には其方に合わせてあるのだろうし面白くなかった訳じゃない。なるほどと思わせる設定に考えてるなぁって思います。現代の知識から創られた世界観は過去作よりリアルに感じ、でも昭和のファンも「ふふん♪」となる場面も用意されており、そういった意味でもゴジラ作品なんだと思うのです。でも個人的には、余計なモノは好きじゃない。ゴジラはゴジラだけじゃダメなのか?違うテーマやか要らないと感じてしまう。まあ〜ゴジラを作る側は、前とは違う新しいゴジラにしたいんだろうけどなぁ。

2020/04/03

きょん

何か虚淵さんっぽい救いが少ない感じ。

2019/01/22

ぺあの

遂に(漸く)完結。前作の最後で「ギドラ」の話題が出てから、登場するまで長かった。と思ったら、思いの外あっけなかったなぁ。 アニメを未鑑賞なのでBDが出たら一気に観よう!

2019/02/19

タイコンデロガ級

前巻から続ている事ですが、ノベライズではモーリ船長が第二の主人公と思って差し支えない。 映画だとどうにも顔を伏せているばかりな印象があるモーリ船長ですが、彼の視線で綴られるハルオやアラトラム号の様子は映画で観る以上に、色々と感じさせてくれるものがあります。

2018/12/24

感想・レビューをもっと見る