読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ないものねだりの君に光の花束を

ないものねだりの君に光の花束を

ないものねだりの君に光の花束を

作家
汐見夏衛
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-06-18
ISBN
9784041091340
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ないものねだりの君に光の花束を」のおすすめレビュー

席替えで人気アイドルの隣の席に――喜びよりもみじめになって…。他人と比較しない生き方って?

『ないものねだりの君に光の花束を』(汐見夏衛/KADOKAWA)

 人は、誰かと比べずにはいられない生き物だ。 「あの人は、私よりかわいい」 「あの人は、私より勉強ができる」 「あの人は、私より幸せそう」  そこに続くのは、「私ももっと〇〇だったら…」「なんで私は…」という“ないものねだり”の言葉。SNSによって友人たちの楽しそうな日常、成功している同年代の姿が目に入りやすくなった分、他人と自分を比べて劣等感や嫉妬心を抱く機会はこれまで以上に増えているのではないだろうか。

 汐見夏衛さんの新作『ないものねだりの君に光の花束を』(KADOKAWA)に登場する染矢影子も、ないものねだりばかりの高校生。ごく普通の家庭に育ち、平凡な毎日を送る影子は、自らを「永遠の脇役」だと思い込んでいる。その一方で〈普通〉であることに誰よりもコンプレックスを抱き、〈特別〉な存在でありたいと強く願っていた。

 そんな彼女が、席替えで隣になったのが鈴木真昼。人気アイドルグループのメンバーで、ソロシンガー、若手俳優としても活動する「天然記念物級イケメン」だ。しかも成績優秀、スポーツ…

2020/6/18

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

ないものねだりの君に光の花束を / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よつば

主人公は、全てにおいて普通で、自分は<永遠の脇役>だと思っている高校二年生の染矢影子。同じクラスには容姿端麗・頭脳明晰で『天然記念物級イケメン』と騒がれる現役アイドル・鈴木真昼が〈永遠の主人公〉として存在する。単純な青春物だと思っていると段々雲行きが怪しくなる。「普通」と「特別」の意味、今まで「当り前」だと思っていた日常がそうではない事、真実を確かめようともせず、暇潰しの娯楽として無責任に言葉を垂れ流し相手を追い詰めるSNS。改めて色々と考えさせられる。与えられた環境に感謝し他人を尊重したいと思える1冊。

2020/07/04

寂しがり屋の狼さん

『だから私は、明日のきみを描く』が良くて✨汐見夏衛さんの作品を図書館でまとめ借り(笑)こちらの作品も良かったあ(≧▽≦)影子のお父さんが最高に素敵です💕後書きにあるメッセージが多くの方に届くと良いですね(*^.^*)

2020/08/10

pen 

酔ってた。そう思える図書本が稀にある。 読友さんのレビューにそそられる。 でも、届いても予約した記憶すらない(笑) クラスにスーパーアイドルがいる。片や普通を絵にかいた平凡な女子高生。そんな二人が図書委員を通して、互いの本音を吐露し、ないものねだりを手探りで追いかける。 近づく距離感とスーパーアイドルの不祥事と過去。混沌とするお話はそれでも光の方へ ないものねだりのその先へ。 いや結構、掴まれました。(笑) そしてSNSの功罪。 安全な砦に守られている場所から、正義の威を借りた石を投げるのはやめて。

2020/07/25

よっち

ごくごく普通で没個性が悩みの高校生・影子。そんな彼女が同じクラスの芸能人・鈴木真昼の隣の席になってしまい、さらには一緒に図書委員をすることになって、彼の意外な一面を知ってゆく青春小説。別世界すぎて真昼を苦手に感じていた影子が、図書委員の活動を通じて知ってゆく彼の意外な一面。二人の関係が少しずつ変わってゆく中、突然のスクープによって激変してゆく周囲の反応やSNSでの無責任な発言に翻弄される展開はなかなか厳しかったですが、それでも変わらなかった影子の献身と真昼の頑張りがもたらした結末はなかなか良かったですね。

2020/08/02

稲荷

表紙の雰囲気から恋愛系だと思っていたけど、それとは少し違う2人の関係がとても良かったです。ネットによる誹謗中傷などの現代の問題も取り入れられているのでリアリティもあった。これは再読確定かな。

2020/10/17

感想・レビューをもっと見る