読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

氷獄 (角川文庫)

氷獄 (角川文庫)

氷獄 (角川文庫)

作家
海堂尊
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-07-16
ISBN
9784041092781
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

氷獄 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

サンダーバード@怪しいグルメ探検隊・隊鳥

桜宮サーガの番外編。短編が三作と中編が一作。表題作の「氷獄」はあのバチスタ事件の後日譚。ロジカルモンスター白鳥は健在。久しぶりに会えて嬉しいような、鬱陶しいような。(笑)シリーズも完結したと思ったけど、またこうした感じでこれからも会えるのかな。★★★+

2021/08/12

坂城 弥生

バチスタ事件の裁判を含んだ短編集。バチスタ事件の弁護士は新米さんが奮闘したのか。

2022/01/10

Akihiko @ VL

海堂尊さん27冊目の読了。バチスタ•スキャンダルから始まる桜宮サーガを客観的視点からなぞっていく連作ミステリ。海堂尊さんと出会い、桜宮サーガに触れたのは10年以上前のこと。それらを読み返さず本書に手を出したのは悪手だったかもしれない。著作にして30作以上にものぼる桜宮、霞ヶ関、極北、浪速、青葉、各地で起こった様々な案件が集約されているからだ。これでもコンパクトに要約している方なので、サーガの層の厚さを思い知らされた。医療を尊び、司法の改革を長く訴え掛けている著者だからこそ描けるメッセージ性に富んだ作品だ。

2021/12/30

Junichi Yamaguchi

『ナイフに正邪はない』…  いやぁ、懐かしい気持ちになった。 その中でも火喰い鳥には興奮。 また、コンビが揃ったとこを長編で読みたい。。

2021/10/19

林田力

「氷獄」は『チーム・バチスタの栄光』の犯人の刑事裁判を描く。『チーム・バチスタの栄光』は著者のデビュー作であり、桜宮サーガの出発点である。原点回帰はファンに嬉しい。「氷獄」では日本の刑事司法の問題が指摘される。 「取り調べや裁判では被疑者は圧倒的に不利な状況にある。取り調べ時間の決定、調書を作成するのも検察官の思い通り。従わないと長期間勾留する。欧米では取り調べの際、被疑者の弁護士が同席できるが、日本ではそんなことはありえない」(169頁)

2022/06/13

感想・レビューをもっと見る