読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

氷獄 (角川文庫)

氷獄 (角川文庫)

氷獄 (角川文庫)

作家
海堂尊
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-07-16
ISBN
9784041092781
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

氷獄 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ドットジェピー

面白かったです

2021/07/22

美和

久々の海堂尊さん。久々のバチスタ。相変わらずの田口先生、白鳥技官初め、各シリーズの主人公たちがオールスター揃い踏み。 話の合間に、海堂さんの政府批判があった気がするのでそこは要らなかった気もする。 話自体はやっぱりバチスタシリーズが好きですが、久々に皆さんにお会いできたのはとても懐かしく嬉しい気分になりました。

2021/07/30

naolog

チーム・バチスタの後日談。裁判そのものは描かれないですが、こんなにも複数作品を絡められる世界観がすごいですよね。僕は別宮記者がどの作品でも重宝されていて鍵だと思ってます。

2021/07/25

久七郎

久しぶりの海堂尊さん。やっぱり大好きだなぁ。 チーム・バチスタの後日談も含めて4つの短編からなる。 海堂尊さんは教養が溢れ出るような文章で、憧れも強いんだなぁ。 白鳥さんが出てくるだけで、やっぱり面白い。

2021/07/22

勝丸

シリーズの後日談的な要素だったが、懐かしい名前がたくさん登場。だいぶ前に読んでいたので、うろ覚えな箇所が有ったが、世界観は健在で楽しく読了。

2021/07/24

感想・レビューをもっと見る