読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

盤上に君はもういない

盤上に君はもういない

盤上に君はもういない

作家
綾崎隼
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-09-30
ISBN
9784041095959
amazonで購入する Kindle版を購入する

「盤上に君はもういない」のおすすめレビュー

史上初の「女性棋士」になるのは誰か? 将棋に懸けるふたりの天才の物語

『盤上に君はもういない』(綾崎隼/KADOKAWA)  今、現実でもフィクションでも「女性棋士」がアツい。なぜなら、史上初の女性棋士が生まれる期待が日に日に高まっているからだ。最近行われた第66回三段リーグ戦では、西山朋佳三段が第3位で次点となり、プロ入りまであと一歩に迫った。現実世界での盛り上がりに呼応するように、小説でも女性棋士をテーマにする作品が増えている。アニメ化もした人気ライトノベル『りゅうおうのおしごと!』(白鳥士郎/SBクリエイティブ)でも、ヒロインの空銀子が三段リーグで激闘を繰り広げる姿が描かれた。    ちなみに、よく混同されるが、「女性棋士」と「女流棋士」は別物だ。女性棋士は、「女性の棋士」。男性と同じように奨励会に入り、毎回2名しかプロになれない激戦の三段リーグを突破し「四段」になる必要がある。女流棋士もれっきとしたプロ制度だが、純粋な棋士の世界とは基準が異なる。事実、かつて女流棋士として活躍したタイトルホルダーたちは、まだ誰ひとり三段リーグを制していない。そのことを考えると、この差も理解できるだろう。    なぜ、女性は棋…

2020/10/22

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「盤上に君はもういない」の関連記事

史上初の女性棋士は誕生するか? 将棋に全てを懸ける若者たちの群像劇『盤上に君はもういない』綾崎隼インタビュー

綾崎 隼 あやさき・しゅん●1981年新潟県出身。第16回電撃小説大賞〈選考委員奨励賞〉受賞作『蒼空時雨』でメディアワークス文庫よりデビュー。受賞作を含む「花鳥風月」シリーズはじめ「ノーブルチルドレン」「レッドスワンサーガ」「君と時計」など多数のシリーズを発表。他作品に『君を描けば噓になる』『命の後で咲いた花』など。  

 常時170人前後の現役棋士が知略を尽くして死闘を繰り広げる将棋の世界。しかしそこに、女性の棋士は未だかつて存在しない。『盤上に君はもういない』に登場するのは、史上初の女性プロ棋士を目指す2人の女性と、将棋の神に愛された天才少年。将棋という盤上遊戯に人生を懸けた3人をめぐる群像劇が描かれる。  前人未踏の女性棋士というテーマに臨んだのは、恋愛青春ミステリー「花鳥風月」シリーズや、サッカー小説「レッドスワンサーガ」で若い世代から圧倒的支持を集める綾崎隼さんだ。

女性棋士は何故いない その疑問から出発した

「将棋は子どもの頃から親しんでいました。いつか将棋小説を書きたいと考えていたわけではなかったのですが、あれだけの長い歴史を持…

2020/10/14

全文を読む

関連記事をもっと見る

盤上に君はもういない / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

夜長月🌙(よな)

初めての女性棋士誕生とその生きざまの物語です。女性同士で戦う女流棋士はいますが、男女ともに門戸が開かれているのにこれまで一人も女性が棋士になれていないのは不思議でした。一歩手前まで行った方はいるようです。その辺の説明は少しありますが、物語の核心は二人の天才女性棋士の内面です。お互い戦友でありライバルであり心の友でもあります。命をかけて人生をかけての戦いが続きます。

2020/12/10

トラキチ

作者の作品は初めて手に取りました。将棋の盤上の場面はあまり出ませんが、将棋界に関する知識があるかないかで物語に入り込めるかどうかは違って来ます。とりわけ三段リーグや女流棋士に関しては現実に則して書かれています。現実においては女性で棋士になった人はいませんが、本作内では二人登場します。飛鳥と夕紀。二人のライバル関係が主軸ですが後半は病弱の夕紀の過去を掘り返しての物語が展開し、より引き付けられるものがありました。予定調和な内容ともとれますが、苦難を乗り越える尊さが伝わります。人生背負ったものがある人は素敵です

2020/12/06

えみ

もっと強く、もっともっと強くなる、強くなれる。あなたと見たい景色があるから。その真っ直ぐで一途な願いに明日への希望が湧いた。魂の成長、棋士の誇り、愛に支えられた夢が花開く瞬間のその純粋無垢な想いに感涙。心震えた。何かを犠牲にして辿り着いた場所。そこから見る光景は、思わず網膜に刻んでしまうほどの絶景であってほしい。迷い悩み悔し涙…生きていれば絶対に選ばなければならない時がくる。決断しなければならない時がある。愛と夢に直向きに生きる棋士とそれを見守る者たちの運命の旅路が盤上の上に交差する美しい一冊だった。

2020/12/20

よっち

将棋のプロ棋士を目指す者たちにとって最後の難関、奨励会三段リーグ。観戦記者の佐竹亜弓がそこで全てを賭けて戦う二人の女性と出会う将棋小説。棋士を目指して奨励会に挑む永世飛王を祖父に持つ天才少女・諏訪飛鳥と、両親から応援されずに勘当され病弱ながら年齢制限間際で挑戦する千桜夕妃。岐路でたびたび激突する彼女たちの負けられない壮絶な激闘が熱かったですが、それぞれの将棋を形作ってきた濃密な背景があって、受け継がれてゆく熱い想いもあって、そんな二人に関わる天才少年・竹森や記者たちの存在がなかなか効いていたと思いました。

2020/10/31

Ammie as 妹子⛪

帯に“関係者全員号泣!”とあったけど、少なくとも私にとっては、全然盛ってはいなかった。ずっと“タイトルの『君』って誰のことだろう?”って疑問を持ち続け、“この人かなぁ?”と予想しながらの読書になっちゃったけど、そこはプロの小説家さん、その予想を超えてくださいました。泣ける方向へ。てことで、ハッピーエンドではありますが、終盤はマジ号泣です。ラスト3ページは人前で読まないように! 今、近所のマクドナルドでエライ目にあってる私…。

2020/12/17

感想・レビューをもっと見る