読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

刺青・少年・秘密 (角川文庫)

刺青・少年・秘密 (角川文庫)

刺青・少年・秘密 (角川文庫)

作家
谷崎潤一郎
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-02-25
ISBN
9784041109748
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

刺青・少年・秘密 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

優希

谷崎初期の短編集です。その世界は妖艶で不思議な雰囲気で満たされていました。耽美、サディズム、マゾヒズムといった変態的要素も、谷崎の手にかかると美しく耽美な空気へと変わるのが素晴らしいです。

2021/06/20

momo

妖艶で不思議な世界。表現の美しさは素晴らしいと思うが、今の私には正直合わなかった。作中にある【私はそれきりその女を捨てた】この氷のように冷たい言葉が、谷崎の私生活と重なって物語を純粋に楽しめなかった。

2021/05/21

そら

初期の頃の作品8編。初期だから?いつもの「突き抜けたアホらしさ、バカバカしさ」がまだなくて、8編それぞれ色が違って、バラエティーに富んでいて、ちょっと驚いた。特に最後の2作品「神童」と「異端者の哀しみ」は他の人が書いたのでは?と思ってしまうぐらい。堕落していく青年の内面がテーマで、谷崎潤一郎なのに真面目!と思ってしまった(^_^;)。「少年」の拷問ごっこは引いたわ~。平山夢明みたいなホラー小説の部類と思えば納得できるかも?「悪魔」「続悪魔」はストーリー的にもホラー。どれも引き込まれた。良かったです(^^)

2022/01/31

ソーダポップ

谷崎文学の最も初期における、八篇からなる代表的短編集。谷崎24歳の処女作「刺青」。そして「少年」や「秘密」など、全編にわたって肉体上、精神上痛切に得られる快楽や、残忍と恐怖によって描かれていました。サディズムとマゾヒズムの世界が格調高く洗練された芸術的感動の作品集でした。

2021/06/19

ホシ

谷崎の初期短編作品集。寝苦しい熱帯夜に耽美派を読むのも一興にやあるらんと思いましたが、草食系を骨の髄まで自認する小生は別にムラムラするでもなく、昼間の暑気にやられた体を尚更ぐったりさせるだけでした(呆)。ただ最後の『異端者の悲しみ』は良かった。ともすれば貧苦に挫折しそうになる己の魂と向き合い、最後は一縷の光の下に静謐さをもって物語が終結します。貧困は自身を惨めにし、生きる意味を分からなくさせます。貧困問題が取り沙汰される世の中にあって私たちに示唆を与えてくれる作品のような気がしました。

2021/07/25

感想・レビューをもっと見る