読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

谷崎潤一郎

職業・肩書き
作家
ふりがな
たにざき・じゅんいちろう

「谷崎潤一郎」のおすすめ記事・レビュー

谷崎潤一郎は奥さんを譲渡する、しないで友人ともめる/『文豪どうかしてる逸話集』⑤

谷崎潤一郎は奥さんを譲渡する、しないで友人ともめる/『文豪どうかしてる逸話集』⑤

誰もが知っているあの文豪に、こんな意外な一面があった!? 太宰治、芥川龍之介、夏目漱石、川端康成など、名作の生みの親の「どうかしてる」逸話を一挙紹介!

『文豪どうかしてる逸話集』(進士素丸/KADOKAWA)

【谷崎潤一郎】(1886~1965)

プロフィール 職業:小説家 本名:谷崎潤一郎 出身地:東京都 好きな文豪:永井荷風 趣味:フェティシズム全般

強く美しい女性に踏まれたい人

 日本橋の商家の長男として生まれ、甘やかされて育った谷崎潤一郎は、乳母の付き添いなしでは学校にも行けない内気な少年に育つ。

 母は性格の強い美人だったと言われ、その幼少期の環境が谷崎の精神形成に大きく作用したと言われている。

 東京帝国大学国文科に進んだが、授業料未納により退学。この頃発表した作品が、永井荷風に激賞されて文壇デビュー。私生活でのスキャンダラスな女性関係を小説に盛り込むスタイルで、ベストセラー作家となる。

 ノーベル文学賞候補に選ばれること7回、日本人で初めて米国文学芸術アカデミー名誉会員に選出され、「大谷崎」と呼ばれた。

代表作

『痴人の愛』(1924) 関東大…

全文を読む

盲目の天才奏者に仕えた男を待っていた甘美な地獄―― 『ホーキーベカコン』/連載第8回

盲目の天才奏者に仕えた男を待っていた甘美な地獄―― 『ホーキーベカコン』/連載第8回

時は江戸末。天性の舞の才を持つ鵙屋琴は病で失明し、やむなく音曲に道を変更する。盲目の琴の世話をする佐助は彼女に弟子入りし、弟子としても奉公人としても献身するが、彼を待っていたのは甘美な地獄だった――。

続きは本書でお楽しみください。

全文を読む

盲目の天才奏者に仕えた男を待っていた甘美な地獄―― 『ホーキーベカコン』/連載第7回

盲目の天才奏者に仕えた男を待っていた甘美な地獄―― 『ホーキーベカコン』/連載第7回

時は江戸末。天性の舞の才を持つ鵙屋琴は病で失明し、やむなく音曲に道を変更する。盲目の琴の世話をする佐助は彼女に弟子入りし、弟子としても奉公人としても献身するが、彼を待っていたのは甘美な地獄だった――。

<第8回に続く>

全文を読む

盲目の天才奏者に仕えた男を待っていた甘美な地獄―― 『ホーキーベカコン』/連載第6回

盲目の天才奏者に仕えた男を待っていた甘美な地獄―― 『ホーキーベカコン』/連載第6回

時は江戸末。天性の舞の才を持つ鵙屋琴は病で失明し、やむなく音曲に道を変更する。盲目の琴の世話をする佐助は彼女に弟子入りし、弟子としても奉公人としても献身するが、彼を待っていたのは甘美な地獄だった――。

<第7回に続く>

全文を読む

盲目の天才奏者に仕えた男を待っていた甘美な地獄―― 『ホーキーベカコン』/連載第5回

盲目の天才奏者に仕えた男を待っていた甘美な地獄―― 『ホーキーベカコン』/連載第5回

時は江戸末。天性の舞の才を持つ鵙屋琴は病で失明し、やむなく音曲に道を変更する。盲目の琴の世話をする佐助は彼女に弟子入りし、弟子としても奉公人としても献身するが、彼を待っていたのは甘美な地獄だった――。

<第6回に続く>

全文を読む

盲目の天才奏者に仕えた男を待っていた甘美な地獄―― 『ホーキーベカコン』/連載第4回

盲目の天才奏者に仕えた男を待っていた甘美な地獄―― 『ホーキーベカコン』/連載第4回

時は江戸末。天性の舞の才を持つ鵙屋琴は病で失明し、やむなく音曲に道を変更する。盲目の琴の世話をする佐助は彼女に弟子入りし、弟子としても奉公人としても献身するが、彼を待っていたのは甘美な地獄だった――。

<第5回に続く>

全文を読む

盲目の天才奏者に仕えた男を待っていた甘美な地獄―― 『ホーキーベカコン』/連載第3回

盲目の天才奏者に仕えた男を待っていた甘美な地獄―― 『ホーキーベカコン』/連載第3回

時は江戸末。天性の舞の才を持つ鵙屋琴は病で失明し、やむなく音曲に道を変更する。盲目の琴の世話をする佐助は彼女に弟子入りし、弟子としても奉公人としても献身するが、彼を待っていたのは甘美な地獄だった――。

<第4回に続く>

全文を読む

盲目の天才奏者に仕えた男を待っていた甘美な地獄―― 『ホーキーベカコン』/連載第2回

盲目の天才奏者に仕えた男を待っていた甘美な地獄―― 『ホーキーベカコン』/連載第2回

時は江戸末。天性の舞の才を持つ鵙屋琴は病で失明し、やむなく音曲に道を変更する。盲目の琴の世話をする佐助は彼女に弟子入りし、弟子としても奉公人としても献身するが、彼を待っていたのは甘美な地獄だった――。

<第3回に続く>

全文を読む

「谷崎潤一郎」のおすすめ記事をもっと見る

「谷崎潤一郎」のレビュー・書評をもっと見る

「谷崎潤一郎」の本・小説

にっこり、洋食 ; おいしい文藝

にっこり、洋食 ; おいしい文藝

作家
江國香織
村上春樹
森茉莉
阿川佐和子
中谷宇吉郎
池田満寿夫
じろまるいずみ
立松和平
久住昌之
森田たま
庄野潤三
永倉万治
爪切男
檀一雄
安藤鶴夫
戸塚文子
平松洋子
山本一力
古川緑波
吉田健一
獅子文六
寄藤文平
池波正太郎
稲田 俊輔
宮本亞門
林望
東海林さだお
團伊玖磨
ヤマザキマリ
谷崎潤一郎
武田百合子
椎名誠
出版社
河出書房新社
発売日
2021-11-26
ISBN
9784309030081
作品情報を見る
潤一郎ラビリンス〈6〉異国綺談 (中公文庫)

潤一郎ラビリンス〈6〉異国綺談 (中公文庫)

作家
谷崎潤一郎
千葉俊二
出版社
中央公論新社
発売日
1998-10-18
ISBN
9784122032705
作品情報を見る
疎開日記-谷崎潤一郎終戦日記 (中公文庫 た 30-60)

疎開日記-谷崎潤一郎終戦日記 (中公文庫 た 30-60)

作家
谷崎潤一郎
出版社
中央公論新社
発売日
2022-07-21
ISBN
9784122072329
作品情報を見る
刺青 痴人の愛 麒麟 春琴抄 (文春文庫 た 108-1 現代日本文学館)

刺青 痴人の愛 麒麟 春琴抄 (文春文庫 た 108-1 現代日本文学館)

作家
谷崎潤一郎
出版社
文藝春秋
発売日
2021-08-03
ISBN
9784167917401
作品情報を見る
教科書で読む名作 陰翳礼讃・刺青ほか (ちくま文庫)

教科書で読む名作 陰翳礼讃・刺青ほか (ちくま文庫)

作家
谷崎潤一郎
出版社
筑摩書房
発売日
2017-01-10
ISBN
9784480434142
作品情報を見る

「谷崎潤一郎」人気の作品ランキングをもっと見る

「谷崎潤一郎」の関連画像・写真

「谷崎潤一郎」の関連画像・写真をもっと見る