読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

六畳間のピアノマン (角川文庫)

六畳間のピアノマン (角川文庫)

六畳間のピアノマン (角川文庫)

作家
安藤祐介
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-01-22
ISBN
9784041111314
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

六畳間のピアノマン (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おしゃべりメガネ

ハードカバーで読んで号泣して、2年ぶりに文庫化&改題での再読です。やはり冒頭のブラック企業の描写は読んでて目を背けたくなり、胸がつまります。その後、それぞれの視点から綴られる展開は見事な繋がりをみせ、ブラック描写も見事に吹き飛ばしてしまう名作だと思います。タイトルにあるようにビリー・ジョエルの「ピアノマン」がずっと頭の中でリフレインし、読後もなりやまないこと必至です。残念ながら、本作に出てくるようなブラック企業は実在するのかと思うと、複雑ですね。テレビドラマ化もされてるので、しっかり観たいと思います。

2021/08/27

坂城 弥生

ただ必死に立ち直る人達の連作短編集。でもひとつの行動が誰かを動かして、誰かを救う連鎖がある救いのある話だったと思う。

2021/02/17

さぜん

「逃げ出せなかった君へ」の改題文庫版。第1章が強烈に印象に残る。ブラック企業の新入社員同期3人の過酷な労働環境。虚構だろうと思うが世間ではパワハラで追い詰められるニュースは後を絶たない。夏野が自殺をし彼に関わる人達のその後の人生が描かれるが、誰もが彼の死を悔やみ自分を責めつつ懸命に生きようとする。逃げる事は決して弱さではない。優しさも弱さではない。とにかく生きるのだ。読後はそんな力強さに励まされる。

2021/01/31

タルシル・ヨムノスキー

ブラック企業に勤める三人の社員を中心に描かれる連作短編集。企業の内情を描く部分はかなりキツくて、ここまで酷くはなかったものの前職の記憶がフラッシュバック。そんな落ち着かない気持ちをほぐしてくれたのがギニア出身の青年ワッカナイくん。主人公ではないけれどこの物語の彼の役割は大きいと思う。自分の経験からも断言する。「どうしてもダメだったら迷わず逃げろ」と。最近はこんなご時世だし、世の中の風潮として昔に比べ仕事終わりに上司や同僚と飲みに行くことは少なくなったけれど、やっぱりあの一杯は魔法の一杯だと思う。

2021/10/26

はる

ピアノマンである夏野を囲う人物たちの短編集。 てっきり同期3人がブラック企業を辞めて夢に向かうという青春系物語だと思ってたから、展開が衝撃的だった。 短編集なんだけど全て繋がっていてどの人も自分の問題に立ち向かいながら、「ビリージョエル」を胸に抱えながら生きていた。決して明るくはないけど好きな作品。

2022/06/07

感想・レビューをもっと見る