読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

機動戦士ガンダムF91プリクエル 2 (角川コミックス・エース)

機動戦士ガンダムF91プリクエル 2 (角川コミックス・エース)

機動戦士ガンダムF91プリクエル 2 (角川コミックス・エース)

作家
おおのじゅんじ
サンライズ
富野由悠季
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-03-26
ISBN
9784041111789
amazonで購入する Kindle版を購入する

機動戦士ガンダムF91プリクエル 2 (角川コミックス・エース) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Galois Noir

幼きザビーネ達の知られざるストーリーが本巻の見所。クロスボーン軍が次第に出来上がっていく過程にゾクゾク。あぁ、しかしザビーネの行く末(クロスボーンでの最期)を思うとなんだか切ない。地味にヘビーガンも好きなMSなので、その開発過程や性能についてフォーカスしたエピソードなども今後登場してくれると嬉しい。

2021/03/28

ohion

前巻でカットしたと思っていたブッホ家の事情、カロッゾのクロスボーン・バンガード創設演説のシーンが描かれた2巻。はてさて、次はどうなる?ザビーネの成長、ナディアの出奔と小説出のネタはまだある。

2021/03/28

サイド

クロスボーン・バンガードとコスモ・バビロニアの建設。カルッゾも「ヒトラーの尻尾」感が強いな。

2021/05/06

北白川にゃんこ

相変わらず安彦エミュがスゴイ。カロッゾも言葉は立派だが動機はNTRなのが人生の悲哀を感じますね。

2021/03/29

みやしん

クロスボーン結成前史。富野節を二次元に落とし込む技術は長谷川作品に遠く及ばないものの、演説・独白形式を採る事で賄おうとしている。反面、安彦技法の卓越さは凄い。模擬戦で母親ともっと絡めてたらよかったかな。宇宙船事故の悲劇は結局…

2021/04/01

感想・レビューをもっと見る