読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

涙雨の季節に蒐集家は、 (角川文庫)

涙雨の季節に蒐集家は、 (角川文庫)

涙雨の季節に蒐集家は、 (角川文庫)

作家
太田紫織
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-06-15
ISBN
9784041115268
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

涙雨の季節に蒐集家は、 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

芳樹

「遺品整理士」という立場から、人の”死”と死者の残した”遺品”に向き合うことによって、”家族”とは一体どういうものなのか、そのあり方を問う作品なのではないかと思いました。主人公の大学生・青音がとても繊細で感受性が強いので、彼の感情の動きの激しさに自分も一緒に揺さぶられ、心の中の何かがガリガリ削られるように感じてしまいました。『櫻子さん』と同じ旭川が舞台の作品で、今回はまさに序章。タイトルにある『蒐集家』も謎に富んだ人物であり、今後物語がどう展開されていくのか予想できません。期待の新シリーズです。

2021/06/18

もみっち

太田さんの新作。青音の自己肯定感の低さの理由が最後に分かる。紫苑が何故1人で家から出れないのか気になった。

2021/06/17

ともこ

前シリーズが終わってしまってすごく寂しかったのですが、新しい太田ワールドにまた引き込まれちゃいました。 死と向き合う話を書くのが本当に上手な作家さんです。感情移入しやすく、主人公につられるように涙が自然と出てきてしまうような1冊でした。

2021/06/21

感想・レビューをもっと見る