読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

涙雨の季節に蒐集家は、 (角川文庫)

涙雨の季節に蒐集家は、 (角川文庫)

涙雨の季節に蒐集家は、 (角川文庫)

作家
太田紫織
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-06-15
ISBN
9784041115268
amazonで購入する Kindle版を購入する

涙雨の季節に蒐集家は、 (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ponpon

櫻子さんが完結した後の新作。遺品整理士見習いの青音が、遺品整理を通じ故人の人生と向き合う。独居老人の孤独死2編と子供の自死1編の構成。人の死という題材の性質上、どうしても重苦しく哀しみが付き纏うのは避けられない。そして遺産が絡むと遺族の血みどろの争いも。ただ、第一章での振る舞いは啞然。そこまで人は醜くなれるものなのか!紫苑については謎ばかりだし、過去の出来事も真相は不明なまま。おそらくシリーズ化されるだろうから、徐々に明らかとなるのだろう。人は最期は独りで死んでいくもの。今後に期待できる物語だと思う。

2021/06/19

芳樹

「遺品整理士」という立場から、人の”死”と死者の残した”遺品”に向き合うことによって、”家族”とは一体どういうものなのか、そのあり方を問う作品なのではないかと思いました。主人公の大学生・青音がとても繊細で感受性が強いので、彼の感情の動きの激しさに自分も一緒に揺さぶられ、心の中の何かがガリガリ削られるように感じてしまいました。『櫻子さん』と同じ旭川が舞台の作品で、今回はまさに序章。タイトルにある『蒐集家』も謎に富んだ人物であり、今後物語がどう展開されていくのか予想できません。期待の新シリーズです。

2021/06/18

うまる

遺品整理から謎解く家族の物語と主人公の自分探し。まだまだ序盤で、続きがある事が前提の1冊目という感じだから何とも評価し辛いです。良く言えば続きが気になる、悪く言えば商業的。著者を知っている人なら、今後続きが出てうまく物語を繋いでいくんだろうと期待が持てると思いますが、お初の方はあまりにもメインストーリーの謎が解明されていなくて中途半端に感じるのではないかなと思います。各話の謎もちょっと薄いし、他に葬儀の話を読んだ事がある人だと、目新しい所もないでしょう。後、また鬱々とした陰キャが主人公かぁと思いました。

2021/07/12

よっち

大学を休学し故郷の札幌で自分探し中の雨宮青音。旭川に住む伯父の訃報が届き、その葬送の際に遺品整理士の望春と運命の出会いを果たすミステリ。幼い頃、悪魔のような美貌の人物の殺人らしき現場を見たトラウマの町・旭川。伯父の遺品整理の末に遺品整理士見習いとなった青音が遭遇する、羊の茶碗の持つ意味、自死した息子の遺品整理の先にあった葛藤。遺品整理を巡るあれこれや登場人物たちの複雑な心理描写も興味深かったですが、謎めいた遺品整理士の望春、涙コレクター紫苑の双子姉弟、そして青音自身の過去と成長も気になる新シリーズですね。

2021/08/11

ひぬ

【読み放題】亡くなった叔父の遺品整理のため、トラウマがある旭川へと向かう主人公・雨宮。そこで遺品整理士・望春と出会い、紆余曲折の末、彼は遺品整理の仕事をしながら、自分探しを始める事になります。かなりライトタッチなミステリーで、遺品整理を通じて彼が自分を見直す展開は良かったですが、望春の双子の弟・紫苑のきな臭さもあってか、個人的にはイマイチ乗り切れずに終わってしまいました。

2022/02/08

感想・レビューをもっと見る