読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ロードス島戦記〈2〉炎の魔神 (角川文庫―スニーカー文庫)

ロードス島戦記〈2〉炎の魔神 (角川文庫―スニーカー文庫)

ロードス島戦記〈2〉炎の魔神 (角川文庫―スニーカー文庫)

作家
水野良
出渕 裕
出版社
角川書店
発売日
0000-00-00
ISBN
9784044604028
amazonで購入する

ロードス島戦記〈2〉炎の魔神 (角川文庫―スニーカー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちび\\\\٩( 'ω' )و ////

魔女カーラとの決戦から二年の歳月が流れた。カーラは生きている!カーラとは、古代魔法王国時代唯一の生存者であり、彼女の実体はその額の額冠(サークレット)にあったのだ、、!人から人へと憑依し、約500年もの時を生きてきた魔女。サークレットを奪い去っていったウッド・チャックを求め、パーンとディードリットの旅は続いていた。炎の魔法を操る魔法使いの噂を聞き、砂漠の国フレイムにやって来たパーン達を待ち受けていたのは、砂漠の蛮族の激しい攻勢と、恐るべき力を秘めた炎の魔神だった!パーン達の新たな戦いが始まる、、、。

2019/01/24

佐島楓

本作は前作の約二年後。ディードの活躍が目立つ。パーンを助けに行ったり、精霊と対峙したり。それもいつの間にやら気持ちを通じ合わせることとなったパーンがいるからこその力。ときどき、パーンより強いのでは? などと思ってしまった。

2014/03/06

花宴

シリーズ第2弾。前作から二年後の話。仲間のメンツが違っているけど面白い!ウッド·チャックを追ってフレイムにやって来たパーンとディードリット。風の部族と炎の部族の対立に巻き込まれることに…。あちこちで本筋とは関係なく色んな話が起こっている気配。世界の広がりを感じます。

2020/03/26

しーふぉ

フレイムのカシュー王の炎の部族との戦いに協力するパーン達。古の盟約に囚われるイフリートとジンを解放し砂漠に平和が訪れる。

2015/08/01

ホームズ

何回読んでも面白い作品。ヒルとの戦い、パーン救出、北の賢者、砂塵の塔、最後の決戦その中でパーンとディードの関係とか内容が盛り沢山。ちょっと色々多すぎてしまった気がする。特に砂塵の塔の戦いから後がかなり駆け足になってしまった感じがする。『火竜山の魔竜』のように上下巻にしてみても良かったのかな(笑)

2012/06/18

感想・レビューをもっと見る