読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

薔薇のマリア X.黒と白の果て (角川スニーカー文庫)

薔薇のマリア  X.黒と白の果て (角川スニーカー文庫)

薔薇のマリア X.黒と白の果て (角川スニーカー文庫)

作家
十文字青
BUNBUN
出版社
角川グループパブリッシング
発売日
2008-08-01
ISBN
9784044710149
amazonで購入する Kindle版を購入する

薔薇のマリア X.黒と白の果て (角川スニーカー文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まりも

セブンス編完結。アジアンの過去も明かされSmC編から続いていた問題も一通り解決しましたね。今回は今まで以上に内容が濃く最初から最後まで引き込まれっぱなしでした。ユリカは本当にいいお姉さんしているなぁ。マリアへの思いやりや飛燕とのやり取りなど読んでいて癒されます。肝心の戦闘も盛り上がりっぱなしで内容がありすぎて逆に困る位でした。ピンプはどんあ時でも頼りになりますね。最後のマリアとアジアンのやり取りは素晴らしい。次巻も期待。

2014/05/04

ひのえ

セブンス・ゲイムの開演。最初っから全力全開だから、どこがよかったかと聞かれたら全部よかった。そんな中でも特にピンプがカッコよかったな。セブンス・ゲイムのMVPだと思う。ヨグとカタリの会話からするに、もしかしたらVer2を読んでからの方が良かったのかも。あと、この頃からBUNBUNの絵が柔らかくなってきている。

2015/03/27

まろりん

アジアンの謎がほぼ明かされてSmCの件も一応のひと段落か。終盤の戦いと展開がいつもながらギリギリで限界で痛々しくて、でも希望0では終わらない。最後2回制止も聞かずにアジアンに駆け寄るマリアには泣けた。こんな台詞聞かされたらもうマリアから離れられるわけがないよ。エピローグはあったかくて切ない。モリー・ベアトリーチェとの何気ないやりとり、無事助けられたランチタイムのいつもの無茶苦茶な飲み会、マリアとアジアンの再会と。前兆時代(オーメネイジ)終了までの、ひと時の温かい大切な時間だと思った。

2013/11/21

紅羽

セブンス編終幕。謎多き変態さん、アジアンのルーツに触れ、怒涛のような展開でセブンス編は完結しました。皆満身創痍ながらも生きて帰れて良かったです。ラストのマリアローズとアジアンのほのぼのとしたやり取りには笑みが零れました。二人とも可愛いなぁ(笑)

2013/10/30

間立

登場人物紹介のモリーの欄にどきどきしてラストまで一気読み。マリアさん煮え切らないね!それでもいいやとばかりに待ってやるアジアンさん男前ー!

2011/11/10

感想・レビューをもっと見る