読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ほんとうの環境白書 3・11後の地球で起きていること (単行本)

ほんとうの環境白書  3・11後の地球で起きていること (単行本)

ほんとうの環境白書 3・11後の地球で起きていること (単行本)

作家
池田清彦
出版社
角川学芸出版
発売日
2013-08-24
ISBN
9784046532824
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

放射能汚染や家畜の異常現象など身近で深刻な問題から、水や新エネルギー源など世界的な資源問題まで、本当に大切な環境問題の実態を解説。自然の力と最先端の技術を活用した環境問題の創造的な解決方法を提言する。

ほんとうの環境白書 3・11後の地球で起きていること (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ky

エネルギー、食料、人口増加、が人類の未来を左右する大問題だという。地球は温暖化どころか、21世紀に入ってからは寒冷化しているのであるが、CO2の利権を貪る人たちには、科学的事実など関係なく、自分たちが利益を享受出来ればそれでよし、とするようだ。CO2を温暖化の原因とするのは、原発推進派の言い草でもある。各ネタは2〜3ページと短いから論旨が飛んだり詳細を省略は致し方ないが、それにしても話を簡単化し過ぎの箇所も多い。日本の人口が5千万に減れば食料自給率4割でOKというのは、生産力の減少を全く無視してる。

2015/05/08

Humbaba

世間で言われていることが、必ずしも正しい訳ではない。情報というのは、流す人間が何かを意図して流布させている可能性もある。全てを疑っていたら普段の生活を過ごすのが困難になるが、たまには疑ってみて、自分が何気なく信じてしまっていることを再確認してみると、新しい世界が開けるかもしれない。

2013/09/23

FK

本当の事を人々はあまり知ろうとしない。知りたくないのだ。そんな一つに、原発がある。どこまで行っても原発は、そのスタートからすでに結末が見えていた、ダメな科学技術なのだ。折しも東芝という会社が苦境に陥っているのを見ても分かる。もう何年も前になるが、ニュースでこの東芝がアメリカのWH社を買収するというのを聞いたとき、もうこれでこの会社はダメだなと思ったものだ。将来のない原発に、過度に投資するというナンセンスをやってしまったのだから。それから時間は経ったが、ようやくその結果が見えてきた。私の仮説は証明される。

2017/04/14

ヘルニア

福島はぜんぜん片付いていないんですよねぇ―。○○ン○○クなんて浮かれてる場合じゃねぇ―よ。フクシマどうすんだよ。俺なんか隣の県なんだぞぉー。ってなこと言うとまた変わり者扱いされんだろうな。(「別にジャイアンツ好きじゃないよ。」って言ってしまった時のように。)

2013/10/13

あい

ホンマでっか、池田先生の本。地球温暖化(本当は寒冷化)、リサイクル問題、二酸化炭素などについて、考えががらりと変えさせられた。

2013/11/08

感想・レビューをもっと見る