読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

サイレント・ラブ

サイレント・ラブ

サイレント・ラブ

作家
五木寛之
出版社
角川書店
発売日
2002-12-01
ISBN
9784048734424
amazonで購入する

サイレント・ラブ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

団塊シニア

セックスとは男女がそのエネルギーを互いに交流させる行為、ポリネシアンセックスについて語られてる、勃起、挿入、射精という男主義のセックスでなくゆっくりと静かにそして射精や忙しい動きを必要としない性と愛について語った奇妙な物語である。五木氏の作品としては珍しいテーマであるが、いやらしさを感じさせない内容である。

2014/04/02

阿呆った(旧・ことうら)

『ポリネシアンセックス』のススメ。旅先にて、あるカップルが現地のアーティストの女性と意気投合し、自宅に招かれてセックスの話になる。その女性と恋人によると、セックスとは男女がエネルギーを互いに交流させる行為であるらしい。通常と異なり、ゆっくりと時間をかけて、静かに行為を行う。それはさておき、下衆の勘ぐりだが、実際旅先でその日初めて会った人に誘導されて、彼女が彼氏のセックスについて不満を暴露したら、彼のプライドは傷つくのではないだろうか?それがきっかけで関係がギクシャクして別れたりしないかが心配になった。

2015/05/06

かやは

射精を最終的な目的にせず、深い結合で一体感を感じることを目指すセックス。究極のハグ、みたいなイメージかな。

2019/07/04

oyasumi

性と愛に悩むオトナのための絵本

2020/01/12

エマ

もう少し刺激的な感じなのかな?と思ったら、絵本のような、寓話のような感じでした。ゆっくり静かに味わう性の物語です。本当に愛する人に出会えたらさらに愛を深めるためにしたい気持ちになりました。

2015/09/14

感想・レビューをもっと見る