読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

君は月夜に光り輝く +Fragments (メディアワークス文庫)

君は月夜に光り輝く +Fragments (メディアワークス文庫)

君は月夜に光り輝く +Fragments (メディアワークス文庫)

作家
佐野徹夜
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-02-23
ISBN
9784049123395
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

不治の病「発光病」で入院したままの少女・渡良瀬まみず。余命ゼロの彼女が、クラスメイトの僕・岡田卓也に託したのは「最期の願い」の代
行だった。限られた時間を懸命に生きた、まみずと卓也の物語の「その後」とは――。
「僕は今でも君が好きだよ」少しだけ大人になった卓也と、卓也の友人・香山のそれぞれが描かれていく。他、本編では語り尽くせなかった二人の
エピソードも収録。
 生と死、愛と命の輝きを描き、日本中を感動に包み込んだ『君月』ワールドが再び。

「君は月夜に光り輝く +Fragments (メディアワークス文庫)」のおすすめレビュー

「私、余命ゼロなんだ」永野芽郁&北村匠海W主演映画『君は月夜に光り輝く』―死が生きることを教えてくれる感涙必至のラブストーリー

『君は月夜に光り輝く』(佐野徹夜/KADOKAWA)

「選考に関わったすべての人の心をしめつけた」「圧倒的感動作」として続々重版している話題の小説『君は月夜に光り輝く』(KADOKAWA)。第23回電撃小説大賞の《大賞》を受賞した作家・佐野徹夜氏のデビュー作となった本作は映画化され、2019年3月15日(金)から上映がスタート。ドラマ『半分、青い。』や『3年A組』でヒロインを演じた永野芽郁と映画『君の膵臓をたべたい』で「第41回日本アカデミー賞新人俳優賞」を受賞した北村匠海という今注目の若手俳優がW主演を務める。

『君は月夜に光り輝く』は「死」があふれている。主人公の卓也は、好きな人も、肉親も亡くして、自分自身の「死」にも、常に近い場所にいる。よく「恋人が不治の病」という物語は見かけるが、本作は恋人だけではなく、様々な「死」が、主人公を取り巻いている。

 高校生の卓也は、「発光病」で入院しているクラスメイトの「渡良瀬まみず」のお見舞いに行くことに。長く入院生活を送っているまみずのことを、卓也はよく知らない。クラスの代表として渋々お見舞いに行ったの…

2017/8/22

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

君は月夜に光り輝く +Fragments (メディアワークス文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

海猫

本編を補完するような内容であったり、別視点を描いたりする短編6編から成る一冊。なかでも「ユーリと声」が香山視点でもっとも長いが、ちょっと香山に感情移入するのがしんどかった。あとがきを読むと香山が「作者の自分からすごく遠い存在」だったそうで。なんかそんな気がする。他の作品は長編小説の本編からこぼれ落ちてしまった切片、といった感じでけっこう良かったです。

2019/03/11

ami*15

まみずが過ごせなかった時間を本編のその先も生き続ける卓也と香山。彼女から教えてもらった「生きる」ことへの意味を胸に更なる成長を見せた2人の姿には感動し、この続編に出会えて良かったなと思いました。彼らのその後を描いた後半部分も味わい深いものでしたが、前半部分の本編では描かれなかった卓也&まみずのやりとりや卓也以外の人物目線のエピソードも本編とは違った角度からの「君月」が楽しめてこちらも面白かったです。本編のあのシーンでこの人物はどんなことを思っていたのかが知れた時は凄く新鮮な気分になりました。

2019/03/08

よっち

不治の病「発光病」の渡良瀬まみずと岡田卓也に託された「最期の願い」の代行。少しだけ大人になった卓也と、卓也の友人・香山のその後が描かれた短編集。彼女の死後、最後までその願いを果たした卓也。運命的な出会いから彼女を気にかけながらも、何もできなかった香山。そんな彼女を忘れられない彼らのその後は対照的で、卓也とまみずの断片的なエピソードは切なく甘酸っぱかったですが、一方で香山が出会った侑季・声親子とのエピソードはうまく気持ちを切り替えられない、それでも生きていくしかない残された人たちの複雑な想いが印象的でした。

2019/02/23

「君は月夜に光り輝く」がとても良かったので購入。スピンオフのような位置付けの短編集でした。香山の話が中心ですが、前作のファンにはたまらない作品でした。

2019/03/04

porisan

本作は「君月」のanother story的なお短編の話。まみず視点のお話が特に好きです。それにしても、香山君、心配だ~

2019/03/10

感想・レビューをもっと見る