読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

僕らの惜春

僕らの惜春

僕らの惜春

作家
白倉由美
貞本義行
出版社
星海社
発売日
2016-02-27
ISBN
9784062198318
amazonで購入する

僕らの惜春 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

東京湾

あの頃、僕らは未来も見えないで、ただ何かを求め藻掻いていた。80年代、新たな文化の黎明期の中で、淡く繊細に煌めいたボーイミーツガール。少年は自分を探し、少年は夢想を求め、少年は現実を知り、少年は選択をする。目眩がするほどにイノセントな青春小説だった。いつかは失われる純粋、その惜しみなく美しい刹那の春。

2020/09/03

おさと

ある意味ファンタジー。ラノベっぽいかなと思いきやそうでもなかった。冷めた目で見てしまったらそれまでだけど。P266兄の言葉は納得。

2016/04/02

きりひと

★★☆☆☆ 学校に行きたくないなら家で寝てるか、ゲーセンかどこかで時間を浪費でもしてるか。様々な手段があるにも関わらず、わざわざ出入り禁止の屋上に忍び込んで、吸えもしないタバコをふかしたりして、サボるという行為に意義を見出そうとしている年頃の少年を見ているかのよう。本作は、社会に出ることと、高校に進学することの二者択一において、消去法で後者を選択しながらも、慢性的に過ぎる日々を否定しきれず、アイデンティティの確立を先延ばしにしながらモラトリアムにどっぷりと身を浸す、現代の若者を投影しているように思えた。

2016/12/13

みほ

「人生って、意味をみつけることじゃなくて、今、ここにいること、その経験だと思う」(p157)「経験は未来の自分への贈り物だ」(P251) 私より5歳年上の著者が過ごした80年代を生きる少年が、高校時代を回想しながら語る自分探しの物語。多分、白倉さんの体験が投影されているんだろうな、と彼女の漫画家時代の作品たちを思い出しながら思った。「自分の生き方」について高校時代にここまで突き詰めて考えている(いた)かなぁ。表紙のイラストが内容と合っていなくてもったいない。各章のタイトルに7,80年代の歌のタイトルが。

2020/12/02

すすぎ

救われたかったのは若い日の著者なのだろうと感じた。

2016/07/02

感想・レビューをもっと見る