読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

誰も寝てはならぬ(13) (ワイドKC モーニング)

誰も寝てはならぬ(13) (ワイドKC モーニング)

誰も寝てはならぬ(13) (ワイドKC モーニング)

作家
サライネス
出版社
講談社
発売日
2010-05-21
ISBN
9784063376944
amazonで購入する Kindle版を購入する

誰も寝てはならぬ(13) (ワイドKC モーニング) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yoshida

ゆるゆる大人生活は今日も続く。はっきり言って羨ましい。13巻は「夏の総括」でのハルキちゃんと、シモヤナギさんの姪との何とも言えない関係。「二股という愛を語る」でのヤーマダくんやゴロちゃん、中村ハンの、ねねちゃんへのアドバイスが面白い。そしてラスト3話「ちょっと大変」からのハルキちゃんとオカちゃんの接近。カカトを骨折したハルキちゃんへのオカちゃんのお見舞い、気遣い。次巻で距離が縮まるか?

2015/03/14

夜梨@灯れ松明の火

ハルキの入院騒動で知った、大塩さんの細やかさ(笑)いい人ですね♪それから、不思議だった「ケニア」ラーメンの名前の由来?が明らかになりました。

2013/03/26

まつじん

主人公がケガして入院、さて恋の行方は!!!図書館が正月休みなんでまた来年、ちゃんちゃん。

2016/12/30

furugenyo

ハイハイハイ、眺めていて飽きないマンガがまたやってまいりましたよ(笑)。同じ場所にいるように感じてしまう不思議さ。 恋愛事情について話す男性陣の距離感が好き。 それにしてもハルキちゃんは災難でしたねぇ。

2010/09/04

えー、いよいよ大阪漫才も突っ込むネタが尽き始めております。絵で何とか頑張っています、作者。張り巡らせた人物相関図と伏線からして誰かと誰かをエエ感じ(笑)にするしかないとこまで来ていると思いますが、判じかねているようです(骨折入院でナンゾ、と思うのだが)。とりあえず長い眼で。ネコでも楽しんでいましょう。

2010/05/26

感想・レビューをもっと見る