読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マコちゃんのリップクリーム(11)<完> (シリウスKC)

マコちゃんのリップクリーム(11)<完> (シリウスKC)

マコちゃんのリップクリーム(11)<完> (シリウスKC)

作家
尾玉なみえ
出版社
講談社
発売日
2014-12-09
ISBN
9784063765137
amazonで購入する Kindle版を購入する

マコちゃんのリップクリーム(11)<完> (シリウスKC) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

フロム

ブコフで処分するべくチョロット読み始めたら結局最後まで読んでしまった。何というか30女のキモイ部分を上手くデフォルメして笑いに昇華する芸は「よッなみえちゃん!!と言いたくなる」位の名人技。偶に読むと死ぬほど面白い事が再発見されたのでブコフ行きはまんまと回避。伝説の打ち切り漫画家の真骨頂発揮である。

2014/12/18

たみや

尾玉さんのジャンプ連載はあまりピンとこなかったが、シリウスでやっていたと考えるとこの作品は非常に面白かった。少年に対し、汚いものを教えようとする尾玉さんの姿が浮かび面白かった。この巻のザイアーとマトモのやりとりが無性に好きです。

2015/10/03

アザー

イイハナシダッタナー

2015/04/29

ぬ(ぬ)

尾玉作品初の円満ラストと言っていいのだろうか。結局のところマコちゃんとザイアーの絆が現金かつすれ違っちゃってるのがちと残念な気もするが、まぁこの人の漫画らしい落とし方っちゃーそうかも知れん。どんな卑しい形であっても絆は絆。 初期の頃のシュールなセンスが好きだったので、だんだんダメ人間文学的な方向へ寄ってったのは自分としてはう~む…ってなところだけど、んでも周囲が作者に求めてるのはこういう方向性なんだろうな。次回作からはいくらか回帰を図ってほしいってのが個人的な願い。

2015/04/12

うっかりまー君

not打ち切り!yes大完結!

2015/01/06

感想・レビューをもっと見る