読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

七つの大罪(10) (講談社コミックス)

七つの大罪(10) (講談社コミックス)

七つの大罪(10) (講談社コミックス)

作家
鈴木央
出版社
講談社
発売日
2014-08-16
ISBN
9784063951622
amazonで購入する Kindle版を購入する

七つの大罪(10) (講談社コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

naji

怒るキングVSヘルブラムの因縁対決が勃発!!回想シーンが、とても悲しくてやりきれない思いにさせる。これで、復讐の輪廻は断ち切れるのかな。 ヘンドリクセン・ギルサンダーVSメリオダス・アーサーも佳境へ。それぞれが、守るものへの思いを秘めて話は進む!!

2014/08/29

碓氷

キングとディアンヌはすでに知り合っていて、でもディアンヌはそれを覚えてないなんて切なすぎる。そしてバン…生き返らせることができるってわかったから着いてきたのか。エレインは自分の命を犠牲にしてでもバンを助けたかったのに。「バンの命と引き換えにエレインを生き返らせる」ってエレインの意志完全無視ですね。

2014/10/26

樺こつん

キングはやっぱり本当に強かった。それにキングの過去にうるっときた。メリオダスがそこまでエリザベスのことを大切にする理由って…。バンはどうするのかな。どちらにしろエレイン復活にはまだまだ時間がかかりそう。

2014/08/29

sskitto0504

キング回なのかな?ディアンヌとキングにはそんな過去があったんですね。キングがかっこよかったですが、悲しくもある回でした。そして最後にまたまたメリオダスの謎が増えました。どうなっていくのか、とても楽しみです。

2014/09/10

あん

キングのカッコよさと優しさがいっぱいの巻。そして、キングとディアンヌの過去と、ヘルブラムとの因縁が明らかになり、ますます目が離せなくなりました。ただ、登場人物が増えるにつれて仲間も増えて、一気読みしないと、相関関係も名前も覚えられません。

2015/07/13

感想・レビューをもっと見る