読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

未来の年表2 人口減少日本であなたに起きること (講談社現代新書)のおすすめレビュー

「救急車を呼んでも来ない!?」少子高齢化の先にある恐ろしい未来をマンガで学ぶ『未来の年表』

「救急車を呼んでも来ない!?」少子高齢化の先にある恐ろしい未来をマンガで学ぶ『未来の年表』

『マンガでわかる 未来の年表』[漫画:水上航、監修:河合雅司(『未来の年表』講談社現代新書)]  厚生労働省の人口動態統計(速報)によると、2019年の出生数が90万人を割る見込みとなった。国立社会保障・人口問題研究所は2017年の時点で、2019年の出生数を92万1000人と推計しており、90万人を割るのは2021年と予想していた。想定より早いスピードで日本の人口減少が進んでいるのだ。  少子高齢化が日本の未来にもたらす影響は計り知れない。そ…

もっと見る

居室での孤独死、街の混乱、地方から姿を消す銀行……少子高齢化の日本に待ち受ける恐ろしい未来

居室での孤独死、街の混乱、地方から姿を消す銀行……少子高齢化の日本に待ち受ける恐ろしい未来

『未来の年表2(講談社現代新書)』(河合雅司/講談社)  もはや耳なじみのある言葉となった少子高齢化問題。日本を揺るがす大問題なのだが、いかんせん実感のわかないイメージしにくい問題なので、政府は長年大きな政策を実施しなかった。国民の関心も依然として低い。  しかし一向に景気が回復せず、若者たちは結婚しなくなり、コンビニや居酒屋で外国人労働者が増加し始め、真綿で首を絞めるようにじわじわと私たちの日常が変わりつつある。むしばまれていると言うべきかもしれ…

もっと見る