読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

巨悪

巨悪

巨悪

作家
伊兼源太郎
出版社
講談社
発売日
2018-06-21
ISBN
9784065118160
amazonで購入する Kindle版を購入する

「巨悪」のおすすめレビュー

東京地検特捜部が現代の日本社会に蝕む“悪”と対峙! 伊兼源太郎の最新検察ミステリー『巨悪』

『巨悪』(伊兼源太郎/講談社)

 今年2月に刊行された『地検のS』では地方検察庁を舞台に正義のあり方を問うたミステリー作家・伊兼源太郎。この前作に続いて6月に刊行された最新刊『巨悪』(講談社)もまた検察が題材になっている。今度は東京地検特捜部が、タイトルの通り現代の日本社会に巣食う“巨悪”の存在に迫る骨太で重厚な検察ミステリーだ。

 地検特捜部は、一般の捜査では核心に迫れないような政財界を巻き込む不正や汚職、脱税といった大型経済事件を専門に捜査を担う、いわば“検察庁の精鋭部隊”。ロッキード事件やリクルート事件、東京佐川急便事件など世間を騒がせた大事件を手がけてきたことで、“最強の捜査機関”とも呼ばれていたが、昨今は証拠の改竄や杜撰な取り調べなどの不祥事が明るみに出たことで、その権威は地に落ち、特捜解体論が取り沙汰されることまである。それでも、森友学園問題、リニア談合、神戸製鋼製品データ改竄問題など、東京地検特捜部、大阪地検特捜部が手がける事案は今も大きく報道されている。

 物語の主人公となるのは、そんな東京地検特捜部の特捜検事・中澤源吾と機動捜査班…

2018/6/22

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

巨悪 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんたろー

『地検のS』が抜群だった伊兼さん2冊目。東京地検特捜部の検事・中澤と高校野球部でチームメイトだった特捜部機動捜査班の事務官・城島、二人が主役のサスペンスは骨太の社会派でありながら、組織の論理に苦悩する主人公たちや中年男の不器用な友情も描いていて読み応えタップリ。汚職や脱税の仕組みが複雑で、理解するのに時間がかかるのが難点だが「誰が味方で誰が敵?」という面白さや不審死が絡んだ緊迫感でグイグイ読まされた。評判になっていないのが不思議だが、中年男性に好まれる内容と思うので、遠くない内にWOWOWで映像化される?

2020/03/06

utinopoti27

政財界に巣食う不正の闇に、法を武器に切り込む地検特捜部。本作は、普段は謎に包まれた東京地検特捜部のリアルな捜査事情にスポットを当てながら、法とは、正義とは何かについて鋭く問う意欲作です。一見関係のない2つの事件は、やがて震災の復興補助金に絡む複雑な金の流れに繋がってくる。次々と消えてゆく有力な関係者たち。捜査を進める元高校野球部のチームメートだった中澤と城島は、立ちはだかる巨悪の正体を暴くことができるのか・・。横山秀夫を彷彿とさせる、骨太で重厚感のある語り口が紡ぎ出す迫真の人間ドラマでした。

2019/02/09

よむよむ

特捜vs政治家の丁々発止は大好物なのだけど、話があちこちに飛んで、また細切れに読んでいたので中々進まなかった。18年前の辛い記憶を引きずる親友同士が、それぞれ思う所あって検事と事務官になり、巨悪を追う。“ポスト横山秀夫”との声もあるらしい伊兼氏だが、私としては偉そうだがまだまだと言いたい。が、フレッシュな視点が良かったので、今後も期待したい。『誰しも見に覚えがあるでしょう。日本に長年蔓延する、損得でしか物事を捉えられない空気が引き起こした事態なんですよ。』

2018/08/13

yoshimi

高校の同級生だった検事と検察事務官の2人を中心に描かれる作品。正義とは何なのか。そして現代の巨悪とは。緻密に練り上げられた構成は読み応えがあるが、緻密過ぎるせいか前半はなかなか物語が動かない。しかし、テグスに小さなビーズを一つずつ丁寧に通していくように読み進めると、最後に思いもよらない巨大な模様が浮かび上がる。頭をフル回転させて伏線を拾い損ねないように読むのがオススメ。骨太な作品がお好きな方はぜひ。

2018/07/24

ちゃんちゃん

高校時代の友人、中澤と城島は長い時を経て、東京地検特捜部の検事と事務官として再会する。それぞれの想いを秘め、大企業と政治家の癒着の挑む。闇を抱える大物との駆け引き、人としての真実、それにもまして複雑な検察内の確執・・過去の事件も相まって深かったです。昔とは異なり、正体が見えなくなった現代の「巨悪」。立ち向かう彼らにエールを送りたい。面白かったです。

2019/01/08

感想・レビューをもっと見る