読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

シンドローム(上)

シンドローム(上)

シンドローム(上)

作家
真山仁
出版社
講談社
発売日
2018-08-03
ISBN
9784065127063
amazonで購入する

シンドローム(上) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

5年ぶりの新作。現実と同程度のスピードで物語内の時間も進んでいるので、鷲津もリンも、いい年齢になっている。だからあまりイチャイチャしない。上巻は企業買収の側面があまり動かず、震災発生前後の各方面の動向に多くの頁が割かれており、それだけでもかなり面白い。さすが『ベイジン』著者。政府/首都電サイドの狂騒は、リアルで当時を知らないと、少し戯画的に感じるかもしれないが、そこに「もしかしたら…」という肌寒さを感じさせてしまうのは、このシリーズの強み。過去作のキャラも多く登場するオールスター状態で、下巻が楽しみ。

2018/08/23

starbro

真山 仁は、新作中心に読んでいる作家です。3年ぶりのハゲタカシリーズ、今回は壮大なスケール、ハゲタカ×3.11×東●電力でした。3.11から7年経過しているので、安心して上巻一気読み、続いて下巻へ。トータルの感想は下巻読了後に。

2018/09/19

Yunemo

状況設定は3.11と電力、これを踏まえてのリアルな巨大買収への道筋、役者も出そろいました。著者独自の3.11論と企業買収を融合させた作品、著者にしか描けない世界。上巻で表現されるリアルな実態、これはこれで3.11の著者3作品目という考え方もできる詳細さ。電力会社と政府との迷走の様子が改めて思い出されます。その果てに何があるのかは下巻の楽しみとなりますが、ちょっと食傷気味だったハゲタカシリーズが新鮮な感覚でよみがえった感。どの人物にどの様な役割を担わせて展開するのか、本来のハゲタカの動きに期待感が募ります。

2018/09/09

ゴンタ

待ちに待ったハゲタカシリーズ最新作!前回はリーマンショック前後が舞台だったが、今回はあの3.11。しかもターゲットはなんと首都電力こと東京電力! ターゲットの大きさもさることながら、中国の一華やミカドの貴子ら今までのメンバーも登場。ワクワクしながら読み進められた。 相変わらず、経済小説かと思わせて人間の感情的なところがストーリーのコアなところ。ちょっと皮肉かかったセリフがクセになる。 鷲津は無事に首都電力を買いたたけるのか?下巻が楽しみでならない。

2019/02/28

Kaz

ビジネスパーソンとしてのスピリッツに、ガンガン響く「ハゲタカシリーズ」。今回は、東日本大震災を契機とした電力会社買収に挑む。この上巻は、舞台説明と登場人物の顔出しという位置づけか。気になるのはパートナーのリン。才色兼備の彼女が、お世辞にも男前とは言えない鷲津の側に居続けるのか。それは人生を切り開く男のパワフルさに惹かれているのであろう。 男女問わずその人の魅力は外見で言えば、顔つきに現れる。美女だろうがイケメンだろうが、生き方が残念なら、「目鼻立ちだけ整ったブス、ブ男」という評価を下すのが大人の流儀。

2019/11/08

感想・レビューをもっと見る