KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

プリンス (PHP文芸文庫)

プリンス (PHP文芸文庫)

プリンス (PHP文芸文庫)

作家
真山仁
出版社
PHP研究所
発売日
2024-04-12
ISBN
9784569903927
amazonで購入する Kindle版を購入する

プリンス (PHP文芸文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

タルシル📖ヨムノスキー

参考資料から察するにミャンマーと、1980年代のフィリピンをモデルにした東南アジアの小国・メコン共和国が舞台の政治小説。テーマは民主主義とは何か。単なる国内の権力闘争に留まらず、希少価値の高い鉱山資源を獲得しようとする米英中などの水面下の争いは実に醜いというか、そんな大国の思惑に振り回される小国の辛さを思い知らされました。日本人の大学生の渉は、民主主義の大切さを唱えるも、現地に足を踏み入れて自分の考えの甘さを思い知らされる。最後は希望を感じさせる終わり方だったけれど、大国がこのまま引き下がるとは思えない。

2024/04/27

coldsurgeon

東南アジアの独裁政権下国家を舞台とした民主化への道を描く。民主主義を求める民主化は、民主主義をどのように理解するのかで異なるのだろうか。一人一人が政治に関心を持ち、関わることにより、維持される政治体制が民主主義であるのならば、ハードルの高いものだ。主人公のように、政治家2世が先頭に立たないと、国家は運営できないような気がした。市井の人が政治に関心を持ちにくいがために、政治家2世がはびこるような気がする。

2024/06/12

シャンピニオン

激動、政治、大国の欺瞞。国をまとめるとは、何か。考えさせられた。 日本は平穏でいい?良かった?まずい?でもどうしようもない? 関心領域の中で幸せに暮らそう。 だめ?

2024/06/08

Micky

真山氏にしては珍しい東南アジアに位置する小国の政治ドラマ。自国、米国、英国、中国などが、各国の利権絡みのエゴの饗宴。独裁政権を打破しようとするプリンス側の大統領選挙をめぐり、各国の諜報員や大使館、暴力組織がすっもんだするも、誰が何を考えているのかよくわからないのでどうもスッキリしない。結果は想定通りだけれどこの想定は無理がある。

2024/04/30

感想・レビューをもっと見る