読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

私はあなたの瞳の林檎

私はあなたの瞳の林檎

私はあなたの瞳の林檎

作家
舞城王太郎
出版社
講談社
発売日
2018-10-27
ISBN
9784065132555
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

ずっと好きで仕方がない初恋の女の子。僕の告白はいつだって笑ってかわされる。でも、今好きなものを次なんて探せない!(表題作)いいものは分かる、けど作れない。凡人な美大生の私が、天才くんに恋しちゃった!(「ほにゃららサラダ」)僕が生きていることに価値はあるのだろうか。僕は楽しいけど他の人にとっては?(「僕が乗るべき遠くの列車」)思春期のあのころ誰もが直面した壁に、恋のパワーで挑む甘酸っぱすぎる作品集。

「私はあなたの瞳の林檎」のおすすめレビュー

「ただ好きで、他に代わりがないだけです」 舞城王太郎が描く思春期の恋物語

『私はあなたの瞳の林檎』(舞城王太郎/講談社)

 自分の私生活が荒んでいるからか、舞城王太郎さんの新刊『私はあなたの瞳の林檎』(講談社)のピュアさにひどくあてられてしまった。収録されている3編「私はあなたの瞳の林檎」「ほにゃららサラダ」「僕が乗るべき遠くの列車」は、いずれも読者を思春期の感情に引きずり込むストレートな恋物語。代わりのない「好き」や、憧れの人と付き合うむずかしさ、この世を生きる「価値」…あの頃ぐるぐると悩んだあれこれに、もう一度主人公たちがぶつかっていく。

 表題作「私はあなたの瞳の林檎」は、中でもひときわ真っ直ぐな短編。主人公の戸ヶ崎直紀は、クラスメイトの鹿野林檎に「好きだ」と言い続けているのだが、なかなかその本気は伝わっていないようで、いつも告白を断られている。そんな戸ヶ崎の初恋を、友人の姉は「本物の恋愛だとは信じらんない」と言い放つのだが、彼は「ただ好きで、他に代わりがないだけです」とゆずらない。果たして、その思いは実るのか?

「ほにゃららサラダ」の舞台は、才能ひしめく美術大学。1年生の松原は、いい作品を見分けられるだけの凡人で、…

2018/12/23

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

私はあなたの瞳の林檎 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

❁かな❁

わー♡甘酸っぱいなぁ♫ただ甘いんじゃなくて甘酸っぱいがしっくりくる。舞城さんの作品を読むのは5作目。既読の作品はもっと心の声ダダ漏れで疾走感溢れリズミカルな文章だったり、バイオレンスもあったりしたので、こんな青春ど真ん中の作品って新鮮!これって恋なのかどうか自分の気持ちもわからないくらい初々しい登場人物たちが愛しい♡男女の掛け合いも良く思春期の色んな思いが炸裂!やっぱりマイジョーだなぁとも思った!3編共それぞれ素敵♡「僕が乗るべき遠くの列車」は泣いてしまった。各章のラスト大好き♡家族編の檸檬も読みたいな♫

2019/02/02

ででんでん

舞城王太郎の作品、そんなに読んでいないけど、ひとつの文が長めでリズムのある彼の言葉の積み重なりを、頭の中でシャクシャクと咀嚼していくのは、いつも気持ちいい。この作品は、そんなシャクシャク噛める林檎の中に蜜がたくさん入っている。10代~20代はじめくらいの時間をもう一度過ごしてみたい気がした。「僕が乗るべき遠くの列車」では、そんな林檎の中に、「淵の王」みたいな暗い黒い穴の片鱗を感じ、それが切なさを倍にする。やっぱり私にとって独特に魅力的な作家。次は「檸檬」を楽しみに。

2018/12/10

なゆ

舞城さんはこれまでノーマークだったのですが、何しろこの素敵なタイトルにひっぱられて。そしたらなんと、私のツボにポスッとはまった!まさかこんな、十代のモヤモヤした恋愛以前のあれやこれやにドキワクハラハラさせられるなんてね。さらには芸術とは?物事の価値や意味とは?なんてことまで。3つの話それぞれに、やたら遠回りでめんどくさくて、なんかよくわかんないけど体当たりな“好き”があふれてて。遠い昔の、がむしゃらだった頃を思い出させてくれた。文章も程よく軽めがいい感じ。来年は、舞城さんを掘り下げてみようかな〜。

2018/12/21

のんき

3つの短編。青春時代の恋愛のお話し。最初の短編で、直紀は、鹿野林檎ちゃんを好きと公言してるのがすごい!あの頃のわたしなんて、好きって言ったことも、言われたこともないかも。じゃあ、今なら好きって言えるかというと、そうでもないかあ(笑)3つ目の短編、価値のない人間なんて、いないと思いましたあ。付き合って、喧嘩したり、振られたりするけど、助けられたり、楽しく過ごしたこともあるんだもん。どんな人間にも価値はあるよね

2019/02/08

あも

んあー、普通!いや、違う!面白かった。時折、立ち止まり、同時に先に進んだ自分が振り返って佇む自分自身を顧みるような…人生についての示唆を与えられる言葉はあった。他の作家ならホッコリ満足。ただ、ただ!○年も待ちに待ったマイジョー新作にしては、癖 が 弱 い!所々マイジョーらしさはある。あるのだが…!物足りない!誰でも読みやすいだろうけど、コレ読んで、あ、マイジョーって意外と普通ね。って思われるのは耐え難いので、マイジョー初体験の人は回避推奨!既にこれから読んじゃった誰かさんは『好き好き~』読めよおおおおお!

2018/11/02

感想・レビューをもっと見る