読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

混物語 (講談社BOX)

混物語 (講談社BOX)

混物語 (講談社BOX)

作家
西尾維新
渡辺 明夫
出版社
講談社
発売日
2019-02-06
ISBN
9784065132920
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

シリーズの垣根を越えて、ヒロイン達が、阿良々木暦と対面! 西尾維新初となるクロスオーバー小説集、堂々刊行!

「混物語 (講談社BOX)」のおすすめレビュー

西尾維新ファン待望の最新作『混物語』は、なんと他シリーズとのコラボ小説! 阿良々木くんが出会うのは…?

『混物語』(西尾維新/講談社)

 西尾維新氏の代表作<物語>シリーズの最新刊『混物語』(講談社)が発売された。『終物語』が刊行されても当然のように続きが出る“なんでもあり”な本シリーズに、また奇妙な1冊が加わる。その内容は、“混物”というタイトルの通り、著者が手掛ける別シリーズとのコラボ小説だ。今をときめくあの人から、懐かしのあの人まで、西尾維新氏が生み出してきた個性的なキャラクターたちが続々と登場する。収録されているのは、元々『傷物語』劇場版の来場者特典として配布された12編に、書き下ろしの3編を加えた15編。気になる目次は以下の通りだ。

第忘話 きょうこバランス  第強話 じゅんビルド  第法話 のみルール  第眼話 まゆみレッドアイ  第病話 くろねこベッド  第血話 りすかブラッド  第刀話 ひていクリア  第殺話 いおりフーガ  第軍話 しおぎレンジャー  第招話 あかりトリプル  第喰話 りずむロックン  第大話 みここコミュニティ  第英話 くうインビジブル  第騙話 らいルーレット  第終話 まごころフィニッシャー

<物語>シリーズの…

2019/2/27

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

混物語 (講談社BOX) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

西尾 維新は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。通常の物語シリーズと思いきや、映画『傷物語』来場特典連作短編集、西尾維新オールスターズ・イン物語シリーズといった感じでした。掟上今日子が登場するとは思いませんでした。忘却探偵シリーズと伝説シリーズしか読んでいないので、今一オチがわかりません(笑)

2019/03/13

銀の星

読了。劇場作品傷物語3部作の特典小説12章に加え新規書き下ろしで3章追加された完全版。最後のコラボキャラは「伝説シリーズ」より空々空、「美少年シリーズ」より札付嘘、「戯言シリーズ」より想影真心の3人。書き下ろし最終3章なのでもう少し特別感があるかと思いきや、他の話と同様の短編で残念ではありました。逆に特典小説の方がコラボキャラについて語っていた気がするぐらいです。売り方も内容も特典小説を集めた人を考えて欲しかった1冊でした。でも表紙は素晴らしいですよ? 団長との冒険は他の機会なのか作者が忘れてるのか……

2019/02/15

pen 

何故、西尾維新を読み続けるのか。あの戯言シリーズの鮮烈のデビューは衝撃で、その後の作品も読み続けたけど、もう難しい(笑)。伝説シリーズは早々にリタイアしたし、掟上今日子のマンネリ化も少しきつい。この作品は今まで書いてきた各シリーズを、物語シリーズの阿良々木暦に絡ませたオールスター戦。相変わらず傍若無人の人類最強の請負人「哀川潤」には感動すら覚えたし、6千文字の長台詞の「病院坂黒猫」は許し難くも、許してしまうけど、次は読めるかな。

2019/03/24

はるき

 やっぱこの人凄いなぁ。物語シリーズが延々とシーズンを重ねて、いささか食傷気味の私ですが、まさかの過去コラボにマンマと引き込まれました。ファン心理を掴むのが天才的に上手い。

2019/02/20

真鍋大河

伝説シリーズはまだ「悲痛」までしか読んでないので、ネタバレ回避のため地濃鑿と空々空の章を飛ばしつつ読了。りすかとくろね子さんは登場する小説が少ないので、こういう形でまた会えて嬉しかったです。くろね子さんの怒涛のトークや成人りすかの会話字体を懐かしく思いながら堪能させていただきました。「新本格魔法少女りすか」はシリーズがすごく中途半端なところで止まっているので続きだしてほしいなぁと思いました。あと世界シリーズの「ぼくの世界」は結局単行本化しないのかな、めちゃ読みたいです。

2019/02/16

感想・レビューをもっと見る