読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

さすらい猫ノアの伝説 (講談社文庫)

さすらい猫ノアの伝説 (講談社文庫)

さすらい猫ノアの伝説 (講談社文庫)

作家
重松清
出版社
講談社
発売日
2019-08-09
ISBN
9784065152423
amazonで購入する Kindle版を購入する

さすらい猫ノアの伝説 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぶち

子供も大人もいつしか大切なことを忘れてしまいます。さすらい猫のノアがある日、小学校のクラスにやってきます、手紙を唐草模様の風呂敷に包んで。その手紙には、"ノアは、忘れてしまった大切なことを思い出させてくれます。"とあります。そうこれは、小学生たちが忘れてしまった大切なことを取り戻していく物語なのです。猫のノアはあくまでも脇役、物語の中心は子供たち。自分たちで考え、行動し、変わっていくのです。大切なことに気づきながら。悲しいとき、苦しい時、困った時、何かできることがあるはずと、この本に教わった気がします。

2020/02/29

ポップノア

クラスの皆が忘れている大切なものを思い出させてくれるという黒猫のノア。神出鬼没ですが、人の言葉や気持ちが解っているかのような振る舞い&可愛さです。2話収録で、どちらも小学生時代に経験した懐かしさ、心地好い余韻に包まれました。特に転校生の話は切ないんだけどほっこり。当時は気付けなかった転校生の辛さを知り、「幼馴染みにはなれないけど親友なら途中からでも間に合う」という一文に感涙。重松先生は何故こんなにも子供の気持ちが解るのでしょうか? 児童書をまとめた小説らしいですが侮る事なかれ、荒んだ心に響く良作でした。

2019/10/06

ポチ

勇気、信頼、友情、他にも忘れていた大切な事がありそう。児童書だけれど心がほっこりする作品。

2020/01/17

かける

青い鳥文庫にも収録されている作品との事で、小学校を舞台にした物語が2編。キーパーソンならぬキーキャット?の黒猫のノアが道標になってクラスの雰囲気や新任の先生、転校生の悩みなどにヒントをくれます。宏美ちゃんと美和ちゃんの負けずギライな女の子2人が可愛かったです。あとがきも含めて温かな読後感でした。

2019/08/28

やな

心温まる一冊です(^-^)

2020/01/12

感想・レビューをもっと見る