読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アンダーニンジャ(3) (ヤンマガKCスペシャル)

アンダーニンジャ(3) (ヤンマガKCスペシャル)

アンダーニンジャ(3) (ヤンマガKCスペシャル)

作家
花沢健吾
出版社
講談社
発売日
2020-02-06
ISBN
9784065184776
amazonで購入する Kindle版を購入する

アンダーニンジャ(3) (ヤンマガKCスペシャル) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

眠る山猫屋

加速してきた!北の国から来たテロリストを巡るニンジャたちのバトルロイヤル。辛口編集者にラッパー、そしてニートと緩い見かけながら、各々スペックと覚悟は高い。テロリストさんも不幸な結末を迎えずに済んで良かったね、それにしても日本のニンジャ、凄いな。こりゃ脅威だわ。後半からは講談高校入学ミッション。九郎の出鱈目トークからの水遁の術、吹いちゃったわ。さすがニンジャ、忍務の為なら全て投げ出してる。

2020/02/10

ヒロ

やっぱこの緩急がたまらないっすね!!すっかり花澤先生の世界観の虜になってます。はやく続きが読みたい!

2020/02/10

JACK

☆ 日本には一般人に紛れて約20万人の忍者がいるという。中忍以上のキャリアは国家レベルの忍務に従事しているが、下忍の中には仕事がなく食うに困る者もいる。そんな引きこもりニート忍者の雲隠九郎は講談高校への潜入の準備をしつつ、外国人テロリストを追っていた。複数の忍者がテロリストを包囲する激しい戦闘は意外な結末を迎える。「アンダーニンジャ」というタイトルの意味が明かされる3巻。立体的な戦闘と、飄々とした九郎のキャラクターが魅力。

2020/06/08

ともも

ンなわけあるか!と言いたくなるも、ついつい読んじゃう不思議な魅力(笑)やっと高校へ通い出す模様。

2020/06/19

kanon

面白くなってきた。先が気になる。見たことあるようで見たことのない世界。

2020/02/25

感想・レビューをもっと見る