読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おとなになっても(2) (KC KISS)

おとなになっても(2) (KC KISS)

おとなになっても(2) (KC KISS)

作家
志村貴子
出版社
講談社
発売日
2020-03-13
ISBN
9784065189481
amazonで購入する Kindle版を購入する

おとなになっても(2) (KC KISS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

同性に恋するのも出会ってすぐに恋に落ちるのも、もちろん不倫も初めての綾乃にとって、朱里との恋は初恋と言える。初恋は無垢である分、残酷なものだが、大人を容易に子供へと還す。『おとなになっても』というタイトルにおける綾乃の意味はそういうことだ。事実、綾乃は女子校時代の恋未満の記憶を思い出す。そこでの後悔が綾乃を朱里へ向かわせるのだ。対し、手練れの朱里はどうだろう。「この恋は不毛だ」と気付く朱里も、しかし子供に還っていくはずだ。なぜならこの恋は、運命の恋かもしれないから。

2020/03/20

ソラ

なんだろう、いつものこの煮え切らなさと人間関係の息苦しさがとてもうまく描かれててて、それがまた面白いというか。

2020/03/14

あこさん

綾乃はバカ正直すぎる、何でも話して隠し事をしないのは誠実ってことではないと思う。旦那さんも複雑だと思うけど、離婚はしないんだ…?なんか悲しいな、相手が男でも女でも、心がわりに違いはないと思うんだけどな。

2021/02/02

コリエル

こいいじの時にも感じたけど、義理でも本物でもいいけど家族や親戚のこのリアルなわずらわしさ、意図しないにせよのいやらしさみたいなものを描かせると実に上手い。上手く描けているぶん読んでてしんどいわけだが。綾乃が朱里に惹かれるのもわかる。この息苦しさから逃避したくなるだろうなと。かといってこの恋が避難所になるかというと、ダンナや姑から包囲された状態で一向に気の休まらない地獄。ただ、この実らない卵を温めるような状況こそが綾乃の気持ちを外に向けている感じはあるな。

2020/03/14

妻の浮気相手を人に話しまくる旦那に、誠実のフリをして我を通し続ける妻に、見栄っ張りで過干渉な姑に…。と、人間誰しも状況によって、客観的には非難されてしまうようなクソな人間になってしまうんだなということを痛感させられるような、クソな大人たちによるクソ群像劇なのにめちゃくちゃ面白くてこわい。 今までの志村さんだったらここに浮世離れした人間を混ぜて、話を若干ファンタジックに振り読者に息継ぎさせてたと思うけど、今回それに頼ってなくて、窒息しそうなほど濃密にクソ人間感じる。でも彼らを全部操縦してる感。すごい

2020/03/14

感想・レビューをもっと見る