読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

揺籠のアディポクル

揺籠のアディポクル

揺籠のアディポクル

作家
市川憂人
出版社
講談社
発売日
2020-10-14
ISBN
9784065213094
amazonで購入する Kindle版を購入する

揺籠のアディポクル / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

麦ちゃんの下僕

嵐により無菌病棟に閉じ込められてしまった入院中の少年タケルと少女コノハ…翌朝、少女はメスで刺されて死んでいた!?…前半はタケル&コノハの交流を描く“青春モノ”であり、後半はホラーっぽさもある“冒険譚”となり、最後は○○な“○○モノ”として閉じられるという、実に強い牽引力と高いリーダビリティを誇る名作です!“真相”の半分ほどは予想通りでしたが…見抜けなかった残り半分に驚愕!!まさか○○○○○○○○とは!?様々な疑問や違和感が一気に氷解するのは実に快かったです!(←ネタバレせずにこの昂奮を伝えるのはムリ!笑)

2022/03/22

しんたろー

タケルとコノハを中心にした近未来サスペンス&ミステリは、序盤はタケルの独白が続いて「この調子はキツイなぁ」と思ったが、中盤からクローズドサークル色が強くなって、俄然面白くなる。一気に畳みかける終盤も「そうくるかぁ」の連続で今までの伏線を回収しつつ、切なく綺麗に着地するのは見事!…なのだが、とても残念なのは個人的に好きではない「ある要素」がタケルの身上にあって、それが物語の肝になっている点…それでも、それがラブ要素の補完になっているので仕方ないが、惜しかった!マリア&漣シリーズとは一味違った面白さではある。

2021/08/06

nobby

何と切ない物語…隔離された無菌病棟で過ごす内に徐々に惹かれ合う少年少女。押し寄せた嵐の過ぎ去った朝に見つかる彼女の死体…誰がどうやってメスで殺したのか、そこに絞った探求に立ち塞がるのは積み重なったクローズドサークルの連鎖。時系列や視点変わっての章構成が絶妙で読みやすい。不明な事柄ばかりで複雑極まる展開に少々置いてきぼり感じていたところ、残り30頁で何気なく目にする1つのワード。うーん、安易な解決かとガッカリしかけていたら、残り20頁での大逆転!ゴメンなさい…浅はかなのは僕でした(笑)まさに圧巻の読み心地♬

2021/02/18

みっちゃん

読み出したらもう止まらない。プロローグのその前の新聞記事から、未知のウィルス感染爆発を描くSFなのか、と思いきや、何と。暴風雨で一般病棟から隔絶されてしまった無菌病棟で起きた殺人事件。究極の密室ではないですか。ただ1人生き残った少年が、意を決して病衣のまま病棟の外に脱出、するとそこには…えっ、何で?どうなってるの?謎と違和感に満ちた描写からの、少年がたどり着いた真相。ああ、これは何ともやるせない。悲しすぎるが美しいラスト一行よ。

2021/07/15

みどどどーーーん(みどり虫)

時々タイムラインに流れてきて気になっていた本。入院、重い病、若い男女の出会い、淡い恋…、あ〜その感じなの?…などと思っていると、急展開のクローズド・サークルへ。そこからはもう先が気になって止まらない。謎解きは、明らかになっていく楽しさよりも悲しみや切なさでいっぱいになる…。この作家さんの文章と相性が良いのか、一つ一つの場面が想像し易くて、それがこの世界観に浸らせてくれる要素になっていた。ラストシーンのタケルとコノハはとても美しかったよ…✨期待を軽々超えてくる良さだった。初読みの作家さんだから他も読みたい!

2021/04/12

感想・レビューをもっと見る