読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

猫弁と鉄の女

猫弁と鉄の女

猫弁と鉄の女

作家
大山淳子
出版社
講談社
発売日
2021-07-28
ISBN
9784065237700
amazonで購入する Kindle版を購入する

猫弁と鉄の女 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちょろこ

好き、の一冊。このシリーズはほんと好き。物語の登場人物、誰もが好き。もうこの世界に自分も置いてもらいたくなる、それぐらい好き。今作はその気持ちが終始溢れっぱなし。迷子の犬からの出会い、埋蔵金、議員選挙、杉林伐採、亜子との関係、母との面会、と盛りだくさんながらも全てが風呂敷が畳まれていくようなストーリー展開でお見事。誰もがきちんと自分の居心地の良い場所を得ていく様は自然の理に従うような感覚で心地良い。姫を迎えにくる王子さまは果たして何で迎えに来るのかな、馬車の変わりは何かな、次作の展開を想像するだけで幸せ。

2022/04/09

ままこ🌿

セカンドシリーズ2作目。今作も良かった〜!クスッと笑えて何が大切なのかきちんと伝わってくる。色んな問題を絡ませながら意外な繋がりが…。愛すべき愚直。百瀬と亜子ちゃんのやきもきしてた距離感がグッと縮んで嬉しい。あの過去からのサプライズはビックリ。飄々とした猫弁ワールドに心を揉みほぐされ温かさがじんわり沁みる。次作が今から待ち遠しい。

2022/03/18

aquamarine

今回は迷子のサモエドから始まって、置き忘れたカメレオン、そしてここ掘れワンワン?!一方で二世議員で鉄の女と呼ばれる宇野勝子のスギ花粉一掃の公約…。いつもながら振り回される百瀬ですが、どうして彼はこんなにも賢く一生懸命なんでしょう。最初はこいつ!と思ったような人が話が進んでいくうちにいい人だったことがわかるところもたまりません。いろんなことが綺麗にかみ合って新しく展開していくラストが凄く良かった。このシリーズは本当に優しさがいっぱいで読んでいる私も幸せになります。きちんと進展もあり今後もますます楽しみです。

2021/10/22

ぶんこ

幸せな気持ちに包まれて読了。本当に素敵な本でした。百瀬さんの人への優しい気遣いと、何事にも一生懸命打開策を練る勉強熱心さに脱帽です。埋蔵金を警察に届けた時に四角四面ともいえる真っ当さが衝撃的で、この真っ当さこそが、何があっても揺るがない百瀬さんの強さかもしれない。小高さんと勝子さんも自然に寄り添っていけたのも嬉しい。また花粉症対策として杉を伐採することには心配だったのですが、無事に「真っ当な」方向へ向かっていくようで、それも嬉しい。このシリーズ大好きです。

2021/12/01

itico

あーまた変な人、いや個性的な人が出てきた。鉄の女と呼ばれる議員、未確認生物?、迷い犬、それらが猫弁を通してどう繋がるのか、楽しみながら読む。およそ弁護士からは掛け離れた風貌の百瀬の人柄にギャップ萌えは毎度のこと。そして百瀬と亜子に進展の予感にほっこり。まさか亜子さん、リヤカーでお嫁入り?と吹きながらも気持ちはあたたかい。次回作はいつかな。待ち遠しい。

2021/10/04

感想・レビューをもっと見る