読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

凜として弓を引く (講談社文庫)

凜として弓を引く (講談社文庫)

凜として弓を引く (講談社文庫)

作家
碧野圭
出版社
講談社
発売日
2021-10-15
ISBN
9784065257074
amazonで購入する Kindle版を購入する

凜として弓を引く (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

寂しがり屋の狼さん

入学式目前、ふと足を踏み入れた神社の片隅に見つけた弓道場。矢口 楓は大人たちに交じって弦音を響かせる少年の凛々しい姿に魅せられ、弓道会に入門することに…日本古来の弓道の奥深い魅力に目覚め新しい世界の扉を開いて行く女子高生の青春(◕ᴗ◕✿)

2022/04/23

ベイマックス

新シリーズと帯にあるからシリーズ化予定なのかな。◎女子高生が神社の弓道場で練習が行われる弓道会に入会して、同世代の仲間や、目上の同期、指導してくれる先輩方との交流。指導者の一人が心筋梗塞で倒れたり、道場が市の新施設建設になるかで揺れたり。そして、淡い恋心。◎弓道についての詳しい説明が煩わしく思えたりもしたけど、青春物的に面白く読めました。ただ、結局誰も彼もがいい人なのが、ちょっとね。誰か一人ぐらい本当の腹黒が居てもいいんじゃないかな。弓矢の母も祖父も、いい人だし(笑)

2022/01/13

おしゃべりメガネ

前からちょっと気になっていた作品。'弓道'をテーマに名古屋から転校してきた高校生「楓」が成長するお話。とにかく弓道とはなんぞやを分かりやすく、細かく描写してくれています。正直、思ってた以上に説明描写にボリュームを感じ、ストーリーやキャラクター描写が少し薄味に感じなくもないかなと。作者さん自身も弓道をされてる方なので、やはりまずは入り口論に熱が入ってしまったのかもしれませんね。キャラクターがある程度、確立してると思うので続編はしっかりとストーリーで楽しませてもらえるといいなと。読みやすく、アッという間です。

2023/01/14

いこ

「『書店ガール』の著者による『弓道女子』の青春物語!」が謳い文句。高校1年生の楓が、神社で偶然目にした弓道場。そこで弓を引く凛々しい少年イツヤに、体験教室に誘われる。興味本位で参加した楓は、お辞儀の仕方、すり足など一見弓と関係ないことばかり教えられ辟易とする。この巻では、楓のこの「入門」から「初段の昇段審査」までを描く。控えめな楓が、弓道を始めたことにより自信をつけて成長していく。ただ、著者が有段者のためか、私のような未経験者が多少置き去りにされる部分があり、少し残念。難解なところはないが、経験者向きか?

2021/11/11

芳樹

春休みの偶然の出会いが高校への入学を控えた少女・矢口楓を『弓道』の世界へと誘う物語。人見知りの楓が同年代の少年少女だけでなく、年齢も立場も違う大人たちとの交流を経て成長していく姿が眩しく映りました。「好き」って行動力の源ですよね。また、弓道のことが丁寧に説明されていて未経験者にもわかりやすく、「弓道は楽しい」ということがひしひしと感じられるのも良かった。とても素敵な青春エンターテインメント小説でした。帯には”新シリーズ”とあるので、続編を楽しみにしています。

2021/12/07

感想・レビューをもっと見る