KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

時空に棄てられた女 乱歩と正史の幻影奇譚

時空に棄てられた女 乱歩と正史の幻影奇譚

時空に棄てられた女 乱歩と正史の幻影奇譚

作家
長江俊和
出版社
講談社
発売日
2024-02-28
ISBN
9784065344668
amazonで購入する Kindle版を購入する

時空に棄てられた女 乱歩と正史の幻影奇譚 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちょろこ

シンプルな一冊。現実にもとても濃密な関係があったらしい江戸川乱歩と横溝正史。この二人が長江さんの手によって現代に活き活きと蘇った作品。首なし事件に挑む乱歩と横溝。一方、生首を拾った男が彷徨う夢か現かの不思議な時間。事件の真相はもちろん、生首は果たして時空を超えたのか、なかなか面白いストーリー展開。乱歩たち二人の切磋琢磨のような関係が読み応えがあった。横溝のいっぱしの探偵作家に導いてくれた乱歩への思いにはじーんときた。細々とした仕掛けなしに至ってシンプルに楽しめる幻想ミステリ。長江さんって生首が好きなのね。

2024/05/12

オフィーリア

猟奇殺人事件に巻き込まれた江戸川乱歩と横溝正史。日本ミステリ史に燦然と輝く巨匠二人の創作への苦悩、お互いへの激重感情を評論的に描写しながら猟奇事件を追うという探偵小説好き垂涎の設定。欲を言えばミステリ部分がもう少し濃ければ...。

2024/05/15

のりすけ

乱歩&横溝御大がタッグを組んだミステリ。お二人の大ファンなので、すごく良かった。ミステリとしてはちょっと「ウムム」な部分もあるになあったけど、まぁそこは『フレディVSジェイソン』や『貞子VS伽椰子』的に楽しめばよいのではないでしょうか。

2024/05/15

だるま

気を失っていた男が気付くと、自分のバッグの中に女性の生首と原稿が入っていた。動転した彼は、取り敢えず原稿を読んでみると、それは横溝正史が書いたと思われる物で、朋友の江戸川乱歩と共に首無し殺人事件に巻き込まれ、一緒に犯人を探そうとする物語であった。原稿には被害者の女性の写真が挟まっていたが、その顔は生首の顔と全く同じ。何故大昔の事件の時の首が、殆ど原型のままバッグに入っているのか? 原稿中の正史と乱歩の交友の場面はリアルっぽくて面白かったが、ミステリ的には矛盾だらけで全く評価出来なかった。地の文で嘘は駄目。

2024/04/08

カッパ

江戸川乱歩と横溝正史、あらためて読み返してみたくなりました。結構面白かったです。

2024/04/14

感想・レビューをもっと見る