読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ART GALLERY テーマで見る世界の名画 5 ヌード かぐわしき夢

ART GALLERY テーマで見る世界の名画 5 ヌード かぐわしき夢

ART GALLERY テーマで見る世界の名画 5 ヌード かぐわしき夢

作家
中野京子
出版社
集英社
発売日
2018-01-15
ISBN
9784081570751
amazonで購入する

「ART GALLERY テーマで見る世界の名画 5 ヌード かぐわしき夢」の関連記事

「同性愛視点」「腐女子視点」… 固定観念をぶち破る「攻め」のヌード画集

『ART GALLERY テーマで見る世界の名画 5 ヌード かぐわしき夢』(中野京子/集英社)

 美女から男性、肥満ヌードまでを網羅した攻めのヌード画集『ART GALLERY テーマで見る世界の名画 5 ヌード かぐわしき夢』が、2018年1月15日(月)に発売された。  名画のヌードというと、「若く美しい女性の艶やかで豊満な裸体を描いたもの」というイメージがあるだろう。しかし美術史全体から見ると、それはごく最近の傾向にすぎない。古代ギリシア・ローマ彫刻の時代は、ヌードといえば若い男性が主なモチーフで、そのたくましい筋肉美を愛でるかのごとく再現している。もちろん、そこには同性愛的な視点があり、その関係性を鑑賞して喜ぶ腐女子的視点があることも否定できない。実際、美術作品におけるヌード作品のモチーフの男女比はほぼ半々になっている。

「ピュグマリオンとガラティア」ジャン=レオン・ジェローム 生身の女性が苦手で自分の作った彫像に恋をし、キスによって生命を得た彫像と結ばれるというBL的設定の神話がモチーフ

「ラオコーン」エル・グレコ 神官を務める老人の…

2018/1/31

全文を読む

関連記事をもっと見る

ART GALLERY テーマで見る世界の名画 5 ヌード かぐわしき夢 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Nat

何の気なしに図書館でリクエストしてみたら、その大きさにびっくり。でも、絵が大きくて見やすかった。中野京子さんの解説も良かった。マッサイスのユディトは、なんとも艶かしい。ベラスケスの『キリストの磔刑』は静謐。ジェローム の『ピュグマリオンとガラテイア』は、部分解説が詳しくてわかりやすかった。クラーナハのヴィーナスはやはり怪しい妖艶さがある。デューラーのイケメンな自画像はよく見るが、ヌードの自画像は初めて見たので、びっくり!

2020/10/02

kaz

このシリーズは一つ一つの絵が大きく、作品の細かいところまで見ることができるのが嬉しい。古代ギリシャで最初に誕生した裸像は、女性のエロティックな裸体像ではなく男性のそれだったというのは驚き。ヌードを女性だけに結びつけてしまうのは、近代以降の鑑賞者側の思い込みに過ぎないのだそう。と言うことでできるだけ多くの男性裸像を掲載したそうなのだが、キリストの磔刑までヌードとするのは、やや違和感を覚える。アルブレヒト・デューラーの裸の自画像は、ちょっと驚き。章立ては「美の追求」「主張するヌード」「肉体のドラマ」

2018/08/17

takakomama

「美の追求」「主張するヌード」「肉体のドラマ」の3章。美しい女性や筋肉隆々の男性、少年少女、豊満だったり、きゃしゃだったり・・・ 69枚の絵画や素描。

2018/07/04

nem-nem

図版が大きく、簡潔な説明文とともに名画を堪能できる贅沢な本だ。しかし途中まで来たところで、こうしたテーマ=ヌードの絵は説明抜きで感じるものではないかと思った。説明は読まず絵だけをていねいに見ていく。そのあとで説明に目を通すと、やはり違和感のある記述もあった。制作時のエピソードなどから何を描いたのか定説になっている作品であっても、見る人それぞれが自由に感じればいいのだと思う。そして、気になる作品はやはり実物を美術館で見たい。

2018/06/03

多読多量連投が日課

大半が西洋画ですね

2018/03/01

感想・レビューをもっと見る