読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

後宮瑞華伝 戦戦恐恐たる花嫁の謎まとう吉祥文様 (コバルト文庫)

後宮瑞華伝 戦戦恐恐たる花嫁の謎まとう吉祥文様 (コバルト文庫)

後宮瑞華伝 戦戦恐恐たる花嫁の謎まとう吉祥文様 (コバルト文庫)

作家
はるおかりの
由利子
出版社
集英社
発売日
2018-06-01
ISBN
9784086080712
amazonで購入する Kindle版を購入する

後宮瑞華伝 戦戦恐恐たる花嫁の謎まとう吉祥文様 (コバルト文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あっか

後宮シリーズ第9弾。おお!?垂峰が皇帝になってる!?学律と青艶は!?と驚きからの幕開けでした。あの垂峰がまさか主役を張るとは…彼も30歳。人は変わるものですね…故にヒロイン夕麗と一回りもの歳の差がちょっと気になったけれど…30歳で18歳(しかも言動もちょっと幼い)に真剣に恋できるかな…とか…笑 関係性や性格が、第5弾・後宮幻華伝の遊肖と緋燕を彷彿とさせました。大人っぽい内容なところも。うーん、純粋に幸せになっていそうなのは皇帝以外のカップルだなあ。本編既刊分は次巻が最後なので寂しくありつつも早く読みたい!

2020/04/27

よっち

母のせいで冷遇されようやく悲願の皇帝になった皇子・高垂峰。実際には太上皇の傀儡で、名ばかり皇帝に甘んじる日々を送る彼が、吉祥文様を愛する風変わりな妃嬪・危夕麗に出会う第九弾。いろいろドロドロな展開でゆるく繋がっているこのシリーズですが、今回は前巻から五年後の世界。最悪の出会いから急速に惹かれ合い、後宮の陰惨な争いに巻き込まれてゆく展開はもはやお約束ですが、どんなにお互い想い合っていても、皇帝と側室扱いの妃嬪という距離感だとままならないことも多いんですね。みんな皇帝になりたがらないのもよく分かります(苦笑)

2018/06/28

ゆり

皇帝と、皇后にはなれない下位の妃嬪の恋。どんなにお互い二人が大事でもふたりだけで幸せになれないのが苦しくて切ない。少女小説のヒロインがこの役回りってなかなかないんじゃないかな、読み応えがありました。そして二人の未来も安らかなものではないんだろうな……。緋燕と遊宵が未だにお互い最愛の二人でいられている自体がすごいことなんだろうな。色内監と雨果がなかなかいいキャラでした。

2018/09/24

TAMA

大好きな作家さんなのですが、忘れっぽいので「この人誰?」の多いお話。どんな背景だったっけを辿りつつ読んでたけどもうめんどくなってきた。だいたいでいいや。今回の裏テーマ「弱みを握って味方にする」スパイ放って集めてるわけじゃない後宮掌握。毎回いろんなキャラクターだけれど、いろんな趣味だけど(今回文様と剪紙)文様に詳しい分、自分が好きな切り絵さらっと流されて寂し。

2018/09/09

さなえ

毎度めでたしめでたしとはいかなくて、後宮の妬み嫉妬陰謀盛り盛りで、宦官が多い。訳ありのヒロインとヒーローが一応ハッピーエンドを迎えるのだけれど、先述の通り先行き不安。もはや人物も覚えきれない。でも読む。幸せになったはずだったのにその後が不憫だったり、賢帝に見えてたのにそれほどではなかったり、そんな部分もこのシリーズの特徴。幸せになってほしいと思いながらもこのダークなところがあるからこそのシリーズだと思う。

2018/08/20

感想・レビューをもっと見る