読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

したがるオスと嫌がるメスの生物学 (集英社新書)

したがるオスと嫌がるメスの生物学 (集英社新書)

したがるオスと嫌がるメスの生物学 (集英社新書)

作家
宮竹貴久
出版社
集英社
発売日
2018-02-16
ISBN
9784087210217
amazonで購入する Kindle版を購入する

「したがるオスと嫌がるメスの生物学 (集英社新書)」のおすすめレビュー

虫の交尾に学ぶ、男と女のくいちがい——昆虫学者が虫たちの恋愛ドラマを語る

『したがるオスと嫌がるメスの生物学 昆虫学者が明かす「愛」の限界(集英社新書)』(宮竹貴久/集英社)

「なぜ彼とわかりあえないのか」 「やっぱり、マメな男がモテる!」 「ロマンティックに愛してほしい」

 女性誌に踊るこれらの見出しからもわかるように、いつの世も男と女は互いに必要としながらも、なかなかわかりあえないものだ。これが、性行為の話となると、もっとデリケートになり、ますます相互理解が難しくなる。

 男と女は対立するもの…それはどうやら、人間の世界だけではなさそうだ。

『したがるオスと嫌がるメスの生物学 昆虫学者が明かす「愛」の限界(集英社新書)』(宮竹貴久/集英社)は、幼い頃から虫が大好きで昆虫学者になったという著者が、オスとメスの性の攻防をドラマティックに描いている。生物学の世界で、今一番ホットな話題「性的対立」。とても虫だけの問題とは思えないこのテーマを、著者はわかりやすく、時に、人になぞらえながらコミカルに教えてくれる。虫にまったく興味がなくても本書を読んでいるうちに思わず「そうそう! 虫も人も一緒なのね!」と共感の声を上げたくなってしまう…

2018/3/13

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

したがるオスと嫌がるメスの生物学 (集英社新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

香菜子(かなこ・Kanako)

したがるオスと嫌がるメスの生物学。宮竹貴久先生の著書。男と女、オスとメスとの闘いや生存競争は、人間でも昆虫でも同じなのかも。宮竹貴久先生の研究者としての昆虫の生殖行動の研究にかける情熱が伝わってくる良書です。宮竹貴久先生の素敵な研究者が子供向けに講義をしてくれたら、理科好きの子供がきっと増えるのではと思います。

2018/07/29

クサバナリスト

タイトル以上に面白い。性的対立、セクシャル・コンフリクト、愛の最終決定権を握っているのはメス、ブルース効果、とても興味をひかれる内容だった。

2021/05/15

とりもり

文句なしに面白い! 無限(に近い)精子を持つオスにとってはとにかく多数のメスと交尾することが、有限の卵子しか持たないメスにとってはより良いオスと交尾をするために相手を選ぶことが、それぞれ遺伝子を遺すための最善策。そこに性的対立が生まれ、オスメス間の壮絶な争いが生じる。メスが体内でより良いオスの精子を選べる仕組みを持つ虫や、受精の機会を増やすためにホモ行為までする虫など、目からウロコのオンパレード。でも、虫の世界でもモテの秘訣はマメさにあるというのが何とも…。超オススメ。★★★★★

2018/05/11

雑食奈津子

オスメスがともに利益を得る関係ばかりではない、虫の世界。不利益を被るのはいつもメスか、と人間目線で読んでいくととんでもない事実を次々知らされていく。実はメスの方がオスを選び、生殖の重要部分までコントロールしているらしい。さらに遺伝によって伝えられる異性の好みは、息子には利益でも娘には不利益となる。その逆もある。虫の世界の奥深いことといったら!楽しく学びながら読める。

2019/01/20

ふたば✧来月はまた再読月間(予定)

昆虫の繁殖に関する興味深い研究、こんなにも昆虫の生態は面白いものなのか。わずか数ミリの小さな昆虫たちの、暴走する恋の駆け引きだが、結局選択権は、やはりメスにある。恐るべしメスの能力。ちょっとドキッとするタイトルだが、内容はいたって真剣な研究成果の記述である。

2019/01/04

感想・レビューをもっと見る