読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

蝶のゆくへ (集英社文庫)

蝶のゆくへ (集英社文庫)

蝶のゆくへ (集英社文庫)

作家
葉室麟
出版社
集英社
発売日
2021-06-18
ISBN
9784087442601
amazonで購入する Kindle版を購入する

蝶のゆくへ (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

エドワード

「青年よ、大志を抱け。」「女子にも教育を。」明治女学校に入学した星りょうの目に映る、明治の世を生きる若者たち。明治になっても家族や世間の姿はほとんど変わらない。男尊女卑も甚だしい。そんな中で、北村透谷、島崎藤村、国木田独歩、有島武郎ら男たちが新しい思想を広げ、女たちは翼を得る。自由に生きたい。自分の思いを叶えたい。若者が新時代に得たのは<LOVE>の精神だった。佐々城信子、瀬沼夏葉らの激動の愛が胸を打つ。星りょうが新宿中村屋を興しサロンを開いた相馬黒光と分かり驚いた。荻原守衛の彫刻「女」が印象に残る。

2021/07/30

belle

集英社の夏の文庫フェアから。初読みの作家。~蝶たちのゆくへ~を見届けた主人公だったか。伊藤整「近代日本の文学史」とラジオで聞いた荒川洋治「文学の世界」。そんな影響もあり、あらすじ紹介にあった若松賤子や樋口一葉の名前を見て興味が湧いた。伊藤整「日本文壇史」を俄然読みたくなる。雌蝶だけでなく雄蝶のゆくへも追いたい。

2021/07/05

次へ

明治期の文化人たちの浪漫と退廃に満ちた愛欲のエピソード集。何で主人公の女学生が全編に関わる必要があったのかイマイチ納得がいかないけど。

2021/07/14

リEガン

新装なった新宿中村屋本店のサロンで、萩原守衛の「女」や中村彜の服を着た俊子像を鑑賞したのは、もう3、4年前になるだろうか。「パンとあこがれ」を懐かしみつつ、相馬黒光の人となりも知った。『アンビシャスガール』と呼ばれ、島崎藤村や国木田独歩、勝海舟などと交流のあった黒光ことりょうを通じて、苦闘を厭わず新しい時代を生き抜いた気骨あふれる女性たちを描く葉室麟晩年の異色作。

2021/06/23

chikadali

彼らの教養の高さ。信念の強さ。他者の気持ちを尊重、尊敬、思いやる優しさ…そして精神年齢の高さ‼️明治の代より、現在に生きる私たちの多くは、医療の力で長生きする力も手に入れたし、より平等に教育を受ける機会を持っているし。多くを手に入れたように思えるけれど、失ってはいけないものを失くしてしまっているのだな…と。葉室麟さんの作品はどれも好き。登場人物はいつも迷いながらも自分の人生を自分らしく生きぬく。必ず誰か見ていてくれて手をかしてくれる。自分らしく生きろ‼️大丈夫だ‼️と応援してくれているよう✨ありがとう😊

2021/06/28

感想・レビューをもっと見る