読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

親を送る その日は必ずやってくる: その日は必ずやってくる (集英社文庫)

親を送る その日は必ずやってくる: その日は必ずやってくる (集英社文庫)

親を送る その日は必ずやってくる: その日は必ずやってくる (集英社文庫)

作家
井上理津子
出版社
集英社
発売日
2018-11-20
ISBN
9784087458114
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

親との別れは突然やってくる。79歳の母が火傷を負い、病院に運ばれた。数日の入院で済むはずだったが、容態が急変。意識不明に陥り、生命維持装置をいつ外すかの決断を迫られる事態に。さらに追い討ちをかけるように、認知症気味の84歳の父まで…。両親を相次いで亡くしたノンフィクション作家が描く、看取りの苦しさ、悲しみ。親を送った人、これから送る人、皆に届けたい半年間のドキュメント。

親を送る その日は必ずやってくる: その日は必ずやってくる (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あゆみらい

二ヶ月前に父親を送りました。送る前に読めばよかったかな。作者さんはお母さんを突然失い、その4ヶ月後にお父さんを失い。大変だったでしょう。最後はあれができたんじゃないか、これをさせてあげたかった、といまだに考えています。

2019/01/08

感想・レビューをもっと見る