読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

おんぶにだっこ (集英社文庫)

おんぶにだっこ (集英社文庫)

おんぶにだっこ (集英社文庫)

作家
さくらももこ
出版社
集英社
発売日
2019-05-17
ISBN
9784087458770
amazonで購入する Kindle版を購入する

おんぶにだっこ (集英社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

真香

さくらももこさんの幼年期のエッセイ。ナイーブな性格がよく分かるエピソードが多く、他のエッセイと比べると笑いの要素はちょっぴり控えめ。でも、この感受性の強さや鋭い洞察力を持っていたからこそ作家という職業に就けたのだろうし、きっと天職だったのでしょうね。私自身も敏感でよく泣いている子供だったので、何だか昔の自分を見ているようで親しみが湧いた。それにしても、2歳の頃の記憶が残っているのはすごすぎる!

2019/06/07

さくらさんの幼少期のエッセイ。エピソードの内容はもとよりヒロシやスミレとの会話の記憶力に感心します。幼少期は消極的で、やらかしてしまったことを打ち明けることが苦手だったようで、私も似たような子供だったので共感しました。また、色んなこと(地球や太陽、宇宙、死、心等)に思い悩んでいたそうで、子供時代のそんな哲学的な物思いが大人になる境目の糧であり人格形成に繋がっているとか。何気ない思考もそう捉えらとかけがえのないものだと思いました。

2019/05/29

bura

さくらももこのエッセイを久々に読む。今回のエッセイは何と2歳の記憶から小1までの話!おっぱいをやめた日、心の声、大規模な心配、たまちゃんとの出会い、上松君のランドセル等々…。この人の記憶力とその時に感じた思いのスゴさにいつもながら敬服する。彼女の最古の記憶がかなり哲学的で全ての作品の根源になっている感があった。 *作者の独特の感性が好きで「富士山」も全巻楽しみました。

2019/09/15

くろうさぎ

今まで読んできた作品とは一線を画す内容でした。私も普通の人が悩まないようなことを思い悩んだりしていたけど、今こうして読んでいると、その頃の気持ちを思い出して、切なさでいっぱいになります。そして誰しも一度は心当たりがあるであろう子どもの頃の罪悪感に対して、その瞬間からも自分の中でずっと向かい合ってきただろうに、この先も黙っていることもできただろうに、作品の中で明らかにできる勇気に強い人なのだなと思います。それってその時に本当のことを言うことよりもずっと苦しいことですよね。得ることが多い一冊でした。

2020/07/08

ピンクピンクピンク

日曜の夜にさくらももこさんのエッセイを。今回はさくらももこさんの幼少期の話が詰まった1冊でした。子どもの頃印象に残ってる景色や気持ち、ちょっぴり切ない思い出が、印象的です。それは共感もあり、さくらももこさん独特の発想や感受性が小さい頃から備わっていたんだなという発見、尊敬の思いもあり。素敵な思い出がいっぱいでした。

2020/01/26

感想・レビューをもっと見る