読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

高天原──厩戸皇子の神話 (単行本)

高天原──厩戸皇子の神話 (単行本)

高天原──厩戸皇子の神話 (単行本)

作家
周防柳
出版社
集英社
発売日
2018-10-05
ISBN
9784087711615
amazonで購入する

高天原──厩戸皇子の神話 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

初美マリン

面白い、古事記の土台作りのようでもあり、葛城、一言主、のこと、推古天皇、厩戸、馬子の心証もふまえて面白かった。ものを語るものはおのれの利からしか語らぬ、という。

2019/02/23

さつき

創世神話の誕生を描く物語。悲しく美しい語り物を、現実と理想にあてはめていく様子は、やっぱりワクワクします。今回は話しの織り手が、中枢に身を置きつつも本来は政治から遠ざかりたい厩戸皇子であるところが上手いなぁと思いました。穴穂部間人皇女とカシキヤヒメ。美しい姉妹の相克は想像力を掻き立てられます。

2019/07/18

よこたん

“しかたがない。ものを語る者は、おのれの利からしかものを語らぬものじゃ” こちらの勝利は、あちらの敗北。それぞれに言い分もある。結局、視点が変われば、見える景色も物語の筋立ても変わってしまう。厩戸皇子が編もうとした国の歴史。飛鳥、斑鳩、三輪、淡路…、土埃や枯れ草のふわりとした匂いがどこか漂うような、おおらかな時代。が、そこに血なまぐさい匂いが混じり合う。漢字ばかりの長い名前も、カタカナ表記の神の名前も、なんとややこしいこと。歴史は、創り上げられるもの。そう、時の為政者に望まれるような形で。

2022/01/27

真理そら

作者の『逢坂の六人』『蘇我の娘の古事記』が良かったので読んでみた。聖徳太子(厩戸皇子)にはあまり興味がないけれど、と思いながら読み始めた。が、この作品の中の聖徳太子はかなり魅力的だ。夢殿が名前の通りの役割を果たしているのも楽しい。蘇我馬子と厩戸皇子が船史龍に各地の伝承を調べさせながら国史編纂をする物語。近隣の国と違ってこの国は合議制(和)で治める方がうまく行くのでは、などと馬子と厩戸皇子が相談している場面なども興味深く読めた。話の流れ的に『蘇我の娘の古事記』はこの作品の後で読んだ方が良かったかもしれない。

2019/03/26

信兵衛

伝承話好きの方に、是非お薦め。

2018/10/31

感想・レビューをもっと見る