読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

本と鍵の季節 (単行本)

本と鍵の季節 (単行本)

本と鍵の季節 (単行本)

作家
米澤穂信
出版社
集英社
発売日
2018-12-14
ISBN
9784087711738
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

堀川次郎は高校二年の図書委員。利用者のほとんどいない放課後の図書室で、同じく図書委員の松倉詩門(しもん)と当番を務めている。背が高く顔もいい松倉は目立つ存在で、快活でよく笑う一方、ほどよく皮肉屋ないいやつだ。そんなある日、図書委員を引退した先輩女子が訪ねてきた。亡くなった祖父が遺した開かずの金庫、その鍵の番号を探り当ててほしいというのだが……。放課後の図書室に持ち込まれる謎に、男子高校生ふたりが挑む全六編。爽やかでほんのりビターな米澤穂信の図書室ミステリ、開幕!

本と鍵の季節 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

米澤 穂信は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。本作は、青春図書委員学園連作短編ミステリでした。著者にしては爽やかな感じですが、ざらざらとした余韻が残ります。オススメは、『金曜に彼は何をしたのか』です。

2019/01/30

文庫フリーク@灯れ松明の火(微速前進中)

米澤穂信さんメッセージは「堀川と松倉、二人の高校生が時に本を読み、時に謎に出会う。そうしてお互いを知り、お互い知りえないことがあるのを知る。そんなミステリです」高校の図書委員を務める堀川次郎と程よく皮肉屋の松倉詩門。二人に持ち込まれる謎は、二人が互いに補うことで解決に結びつくが、それは決して爽やかな結末とはならない。むしろビターな結末。ことに松倉自身に関わる謎「昔話を聞かせておくれよ」「友よ知るなかれ」は互いに資質を認め合う仲だけに、飛び切り苦い。けれど微かな希望も残る。米澤さん自身が続きを描きたいと→続

2019/01/10

へくとぱすかる

ビターだ。高校生の図書室ミステリ、ではあるが、あの「古典部」の世界とはまるで異なる。「913」には「愚者のエンドロール」のような雰囲気もやや感じられたが、ここから青春や熱情といった言葉からはかなり遠い世界に分け入る。『ふたりの距離の概算』のころから発表が始まっているので、これを「古典部」の世界と両立させるのは気分的に大変だったのでは、と作者の苦心を想像してしまった。そして読了後改めて、これはタイトル通りの小説だった、と確信した。

2019/01/15

テンちゃん

『米澤穂信様、君は図書館にある全ての役割と知識を使って事件を解決するという魅力的な二人の図書委員を作り出した』o(^-^o)(o^-^)o『彼らは似たような存在であり、君は本音で語れる友人の存在を「鍵」を使ってお互いの心の扉を開け合う最高無二の「親友」だと私にメッセージを贈った』d(⌒ー⌒)!『どんな謎も不安も信頼し合える友の存在で癒されることを君は私に伝えた』♪ヽ(´▽`)/『これは図書委員の君が作り出した彼らの推理と友情の物語』⭐️o(*⌒―⌒*)o4.5

2019/01/10

修一郎

図書館係の二人組が謎解きをしていくバディもの。この探偵さん達がまた醒めた皮肉屋さんで,補い合ういいコンビだ。図書館豆知識が鍵となるのは「913」「ない本」ぐらい。ビターテイストでしかも「ミステリ図鑑にした」という触れ込み通り謎解き技法も粒ぞろい。分類番号は私も日々お世話になっていますよ。ところでパセリ味のコーラって米澤作品の定番なのかね?お気に入り順番;⓵913②ない本③昔話を聞かせておくれよ④友よ知るなかれ⑤ロックオンロッカー(九マイルは遠すぎるスタイル!)⑥金曜日に彼はなにをしたのか。

2019/02/23

感想・レビューをもっと見る