読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

真実の航跡 (単行本)

真実の航跡 (単行本)

真実の航跡 (単行本)

作家
伊東潤
出版社
集英社
発売日
2019-03-05
ISBN
9784087711806
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

太平洋戦争中に起きた非道な捕虜殺害事件。
戦後、BC級戦犯裁判で浮かび上がった、驚愕の真実。
法の正義はどこにあるのか――。
一人の若き弁護士が、“勝者なき裁判”に挑む。圧巻の歴史小説!

昭和19年3月、大日本帝国海軍の重巡洋艦「久慈」は、インド洋でイギリス商船「ダートマス号」を撃沈。救助した捕虜を殺害した。
敗戦後、「久慈」艦長であった乾と、「久慈」が所属していた第16戦隊の司令官・五十嵐は、戦犯として起訴される。戦犯弁護人として香港にやってきた若手弁護士の鮫島は、裁判資料を読み込むうちに、この事件の――大日本帝国海軍の――抱える闇に気づいていく。

真実の航跡 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のぶ

裁判小説としても、戦争文学としても読み応えがあった。太平洋戦争最中に起きた一つの事件。日本の巡洋艦「久慈」は、インド洋でイギリス商船の「ダートマス号」を撃沈、救助した捕虜を殺害した。戦後に艦長だった乾と、司令官の五十嵐は、戦犯として起訴される。弁護にあたるのは鮫島。BC級戦犯の話は今までに何冊か読んできたが、戦場では誰もが異常な状況になっているので、それがどう裁かれるのかが読みどころ。当時の現場の描写はリアルだし、裁判もサスペンスとして面白く描かれていた。戦争の愚かさの一端を見た一冊だった。

2019/03/19

舞人(maito)

連載→読書会→この単行本、とたくさん読む気に恵まれた思い出深い1冊。実際の事件に基づきながら、日本の暗部に触れることを恐れず、それでいて苦悩と孤独の先にある希望へたどり着く再生物語は、人間ドラマとしても十二分に読み応えがある。近年の伊東さん著書では珍しく、結果より過程、取り戻せない過去より、可能性のある未来にフォーカスしているのも特徴。敗戦国と事件責任の幕引きという複数の十字架を背負いながら、最良の結末に向けてあがく主人公・鮫島の泥臭さが、我々が忘れちゃいけない姿なんだなあ。

2019/03/10

みなと

五十嵐の日本人たる姿勢が素晴らしくもあり悲しかった。彼らが今の日本を見たらどう思うのか。

2019/03/24

サケ太

武器は『法の正義』のみ。戦時中に起こった悲劇、『ダーマート・ケース』を巡る裁判。終戦後、日本統治時代の傷痕残る台湾を舞台に繰り広げられる重厚な裁判ドラマ。そこで弁護士として赴いた鮫島正二郎。法を信ずるもの同士の戦い。鮫島の抱えるもの。暗中模索が続く戦い。味方は少なく、理念は理解を得られない。それでも、ひたすら前に進むしかない。知らないでは済まされない戦争の傷と心に刻まければならない美しい決意を見た。「Go straight to the truth!」

2019/03/09

ほぺむ

人間が行ったなんらかの事実があったとする。その痕跡は人の手によって作成された、持続可能な媒体に「記録」されたもの以外は消えていく。「航跡」「轍」、表層がほぼ流体で大気に覆われたこの惑星においては保持されない。意図的に抹殺された「記録」も、捏造された「記録」もあるだろう。真実の伝播とは難しいことなのだと思う。 「記録」に対する捉え方の意識も、人類は統一されることはないだろう。利他的な人間がいても利己的な人間は減らないだろう。そんな人類のどうにもならなさと、その中で存在を示す人々がいることを感じた。

2019/03/18

感想・レビューをもっと見る