読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

百合中毒

百合中毒

百合中毒

作家
井上荒野
出版社
集英社
発売日
2021-04-26
ISBN
9784087717501
amazonで購入する

百合中毒 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

井上荒野は、新作中心に読んでいる作家です。 タイトルからLGBTQ的な話かと思いきや、普遍的な夫婦、家族の物語でした。イタリア人の女性は、そんなに魅力的なのでしょうか?若かりし頃、ローマでイタリア人の若い女性に声をかけられたことがあります(笑) https://books.shueisha.co.jp/items/contents.html?isbn=978-4-08-771750-1

2021/07/15

いつでも母さん

『家族とは。夫婦とは。愛を問い直す長編小説。』と帯ー妻子を棄てイタリア女と恋仲になった夫(父)が、八ヶ岳の麓の【ななかまど園芸】に25年ぶりに帰って来た。それは家族各々の心を覗くことでもあった。それぞれに形はさておきパートナーがいるのだが…もうね、有り得ないのは妻(母)の行動。勿論、夫には呆れて言語道断(キッパリ)だが、男女の事は一概には言えないし、枠も無いのだと突き付けているのか?この登場人物、皆ちょっとおかしい!これは『愛』というより『情』だと思うが、それにしてもこの放り投げられ感は凄いね、井上荒野。

2021/05/19

モルク

25年前家族を捨てイタリア人の愛人のもとに出ていった父が突然戻ってきた。当然子供たち(姉妹)は大人になり家庭を持ったり一人立ちしているし、母も恋人がいる。娘たち、父母、長女の夫、母の恋人、イタリア人の女など章ごとに7人それぞれを描く。帰ってきた父をもて余すものの強く拒絶できず何となく受け入れている家族。何故に母は夫を拒絶できないのか、そしてそれをただ見守るしかない母の恋人。長女夫婦もぎくしゃくし、次女は不倫中。誰も見たくないものから目を逸らす。イライラするけど、こういう話は嫌いではない。

2021/12/06

なゆ

25年前に家族を捨てた父親が、彼女に捨てられフラリと家に戻って来る。許されるワケないよね、と思っていたのに居着いてしまう父親。同じ日、家族で営む園芸店に百合中毒のクレームも持ち込まれ、モヤモヤの相乗効果。母親には夫婦同然の恋人もいるのに、追い出さないのは何故?娘2人もそれぞれすったもんだ始まるし。池内が一番サイテーサイアク。蓬田さん、忍耐強いわ。いるのにいない、いないのにいる、それをさらにボワボワ曖昧にしたような。愛はなくても情が残るとこうなるのかな。曖昧な夫婦の妙を書かせたらピカイチだ、荒野さんは。

2021/06/29

よつば🍀

人生色々、家族も色々とは思うものの、この小説で描かれる家族も例外ではない。イタリア人の若い女と恋仲になり、家族を捨てて出ていった夫が25年ぶりに園芸店を営む自宅に戻る所から物語は始まる。調子の良過ぎる夫に呆れ、反応が薄い妻に薄気味悪さを感じる。そんな中、猫には猛毒な百合の花の中毒性が語られ、サスペンスフルな展開になるかと思いきや、妻と従業員との恋愛、同居する長女夫婦の謎めいた関係、次女と上司の不倫と、其々が抱える問題と心の揺らぎが不穏なタッチで描かれる。曖昧模糊な家族の形態にリアルな人間臭さを感じた作品。

2021/05/08

感想・レビューをもっと見る