読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

飛鳥昔語り (りぼんマスコットコミックス 181 清原なつの傑作集 2)

飛鳥昔語り (りぼんマスコットコミックス 181 清原なつの傑作集 2)

飛鳥昔語り (りぼんマスコットコミックス 181 清原なつの傑作集 2)

作家
清原なつの
出版社
集英社
発売日
1980-07-20
ISBN
9784088531816
amazonで購入する

飛鳥昔語り (りぼんマスコットコミックス 181 清原なつの傑作集 2) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mocha

「飛鳥昔語り」有間皇子にこんな未来をプレゼントしてくれてありがとう。「チゴイネルワイゼン」さらりと描かれているけれど、漫画家の葛藤が伺える。「ぼくの中のアリスへ」〈死〉を扱っているのにふんわりと可愛らしい。「村木くんのネコぶるーす」この時代、猫にノミはつきものだったのね。幽霊がいい味出してる。「桜の森の満開の下」ヘンタイな兄がいい。アイビー漫画の流れをくむ優しいタッチ。巻末の〈りぼんマスコットコミックス〉新刊紹介ページにわくわくした。

2020/07/29

ホレイシア

短編だが、有間皇子の置かれた状況が実に簡潔に描かれている。何といっても終わり方が好きで、忘れられない珠玉の作品。

nejipan

ラストが好きだなぁ。「桜の森の満開の下」の変態兄も好き!

2011/12/17

感想・レビューをもっと見る