読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ハガネの女 1 (クイーンズコミックス)

ハガネの女 1 (クイーンズコミックス)

ハガネの女 1 (クイーンズコミックス)

作家
深谷かほる
出版社
集英社
発売日
2008-04-18
ISBN
9784088654713
amazonで購入する Kindle版を購入する

ハガネの女 1 (クイーンズコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

どあら

雑誌の付録。今の先生って本当に大変だと思いますね!!世の中の先生頑張れ~\(^o^)/

2017/03/25

阿輸迦

今時の学校って、大変だな~と思った。僕が小学生の頃は「学級崩壊」とか「モンスターペアレント」なんて言葉無かったし、教師はもっと権威があった。「教育委員会に訴えますよ」なんて言う親なんて、存在しなかったと思う。主人公芳賀稲子の不屈の性格設定が、イイね。見習いたい。

2013/06/12

ひのき

【ニコニコ書籍無料】熱血教師女版。小学生相手だから難しいところを上手く解決していくなぁ…。先生の性格がさばっとしてて感情移入しやすく、面白い漫画でした。

2014/10/19

ミラクロン・カエサル

小学校を舞台とした教育ドラマ。主人公(常勤講師)も校長や主任も常識的な人物です。子供たちは独特の感性を持っていて、異常な行動をとります。その親たちの言動も異常で、いわゆるモンスターです。こうしたモンスター軍団に常識人チームが臨んでいくというのが、このお話の基本的な構図ということになると思います。異常としか思えなかった子供たちや親たちの言動の背景が少しずつ解明されていきます。かなり面白いです。

2017/04/18

kinoko_kinako

4.0 うーーん 面白い。少し前に流行った「斎藤さん」の教師バージョンといった感じ。しかし、最近の教育現場は大変そうですね。

2012/07/06

感想・レビューをもっと見る