読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

セカイの果て 4 (りぼんマスコットコミックス)

セカイの果て 4 (りぼんマスコットコミックス)

セカイの果て 4 (りぼんマスコットコミックス)

作家
牧野あおい
出版社
集英社
発売日
2013-01-15
ISBN
9784088672465
amazonで購入する Kindle版を購入する

セカイの果て 4 (りぼんマスコットコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

レたス

 「嘘」を隠しとおすには、いろんなものを失うんだな。最後の終わり方に泣いた(T_T)二人の旅はまだ続くんだな、て。  番外編、面白かった。自分の過去は変えられないもの。でも、立ち向かっていく描写がこの漫画にはたくさんあった。生きる勇気がもらえる。「誰かを守るための嘘」は、きっとつらくなるだけなんだ。自分が視ているセカイは、本当に正しいのか考えさせられた。

2016/04/06

0kaeri

漫画の中、すべての世界に光と影があるんだな。って気付かせてくれた気がして、初めて会う人でもこの人本当はどんなこと思ってんのかなぁ。とか、人間という存在があまりにも当たり前すぎて、本の中でさまざまなことを学べた気がします。

2013/04/14

猿兎

無理矢理感はあったけどよく終わらせたと思う。本誌ではほとんど最下位つっぱしってたからなあ…。「…私たちもう一生幸せになる気なんてないんだよ」このあずさの台詞はなんだかもう、やばかった。読みきりは、デビュー作を練り直した話(というか「REC」の過去編)。これは、この漫画家の読みきりで好きなほうだから収録されて嬉しい。今後も活躍に期待。

2013/01/20

本野栞@2号

おもしろかった! やっぱり河口は全部自分で背負うんだなぁと。学歴は中卒だけど成績よかったっぽいから大卒認定とか受けたのでしょうか。職があるからとらなかったかもしれない。二人は結婚とは違う形で関係を続けていく気がします。 短編。若林暁のもっといろいろな面が見たくなります。RECでカメラを渡したのがあのマネージャーさんだったのは見比べて楽しい。

2013/01/18

まさみん

完結。良い作品でした。これホントにりぼんに掲載されてたの?完成度が高すぎる。いつも主役に入り込んじゃうから最初から辛くて苦しかったけど。やっと卒業式。事態は動く。じーちゃんに泣かされたよ(;_;)田沢先生に有明先生が言った言葉。それが全て…。人が亡くなったのは事実だけど元々正当防衛が認められる事だから隠し続ける必要なんてなかったんだもんね(>_<)そしてキスシーン!!もう大号泣(T-T)そこだけ何度も読み返してしまった。10年後の再開。辛かったけど最後に希望が見えて良かった。2人に幸せになって欲しいなぁ

2016/03/13

感想・レビューをもっと見る