読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

帝一の國 2 (ジャンプコミックス)

帝一の國 2 (ジャンプコミックス)

帝一の國 2 (ジャンプコミックス)

作家
古屋兎丸
出版社
集英社
発売日
2011-12-02
ISBN
9784088703350
amazonで購入する Kindle版を購入する

帝一の國 2 (ジャンプコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

カラシニコフ

まさかのサバゲー(笑)ラストが素晴らしすぎる(笑) ★★★☆☆

2017/05/11

流言

突然のサバゲー。いろいろおかしいだろ! なんでサバゲーなんだよ! もっと必要な能力を見極める方法あるだろ! 菊馬のビニール紐でローランド氷室に扮するっていうのもおかしいだろ! 見ればわかるだろ! 親世代の弾丸をモールス信号で託すっていうのも今まで誰も解読しなかったのが不自然だし、帝一がその拳銃をたまたま持つのも運だしそもそも何十年も備品取り替えてないのかよ! ……ツッコミどころが多過ぎてげらげら笑ってしまった。これも帝一が大真面目に莫迦なことに取り組んでいるからなのだろう。これがシリアスな笑いという奴か。

2019/03/26

豆乳くま

更にパワーアップした2巻!まさかの美美子夏合宿への乱入で帝一嫉妬の嵐で理性吹っ飛び鬼になる!もう腹筋が痛いです。細かな笑が散りばめられ見逃せないし帝一パパのお茶目っぷりも目が釘付けです。素晴らしい!

2012/09/10

たにしぃ

好きすぎるこの漫画…!すんごい面白いな!帝一と光明は手話まで…光明はモールスまで…ほとんど毎コマにつっこみポイントが…恐ろしい漫画だ…!!!suki

2012/04/18

梨姫

ナショナリズム的で、旧大日本帝国のような舞台設定が浪漫溢れる。絵も美しいし、ストーリーも次々と難関が襲ってきてスピード感ある。何より、作家がギャグを描けることに驚いた!ライチ光クラブや少年十字軍を読んだ後だとギャップが凄まじい。父さんが意外とお茶目なことや、堂々とふんぞり返って「非校民が」「氷室ローランド法だ!」と曰く氷室、帝一の自決場面にお茶吹いたわ。

2012/01/29

感想・レビューをもっと見る